2015年4月30日 (木)

栃木県ななママさん宅へ~小砂焼体験~

GW初日の4/29、会員のななママさん宅へ

神奈川県の端っこからトコトコとやってきたahiraa2goさんを北千住で拾い、yayoとahiraa2goさんは車で栃木県へgo!rvcar※去年に引き続き不安ペアだが、今回は自動に喋ってくれるナビあるし、(笑 少しは都会になれたyayoいるし、ダイジョぶgood

アヒル繋がりの皆さんと会う時は、アヒル連れでアヒル中心となることが多いのですが、今回は「アヒルたちお留守番♪アヒラーたち遊ぶ♪」の会となった。

(´ー`)

Img_0687

ちな宅 るー4歳、くー3歳、

Img_0699

カエル宅 だいず9歳、きいろ8歳

Img_0777

Img_0779

医師のアドバイスの元、自然治癒した脚。

ぐあ宅 ヒューイ4歳

http://ameblo.jp/ahiahiahiahiahiahiahiahi

※要アメブロメンバー

Img_0690

ななママさん宅 ゆず、いちご

2009年8月、アイガモ農家からやってきた2羽ちゃん大きくなったね~

5歳・・・6歳になるのかな?

Img_0691
2011年6月に被災地より引き取りカルー君

Img_0696

同年12月宇都宮ダム保護きゅうちゃん。

ななママさん宅で療養中。 ななママさんは数多くのアヒル介護用品を工夫、開発されていて勉強になります!ブログに数多くの紹介有。きゅうちゃんとカルー君の敷き床には、柔らかいネットが・・・

Img_0695

http://mebina.blog25.fc2.com/

※アヒル飼いになる協力

カルー君、きゅうちゃんについてはこちらhttp://www.geocities.jp/yayo_pipi/ahikamogacho_001.htm ※旧あひかもがちょ情報局

Img_0704


さてさて・・・2台に乗り分けしていざ小砂焼(いさごやき)体験へ (注)小砂こいさごでした!

その前に敷地内にあるお蕎麦屋さん:陶里庵でお昼ご飯♪

Img_0706

Img_0721

天もり これが、見たコトのない山菜だらけでお蕎麦も天ぷらも超美味shine

んで、¥1150ってш(´[]`)ш安いっっ 山菜の正体は、コシアブラ・コゴミ・ウド・タラの芽だった・・・後はエビ、さつまいも 大満足♪

Img_0751

ろくろチーム ahiraa2goさん、ぐあさん

手び練りチーム ちなさん夫妻、カエルちゃんさん、yayo

迷わずアヒル作成~ さて?何の器でしょ?(二ケ月後のお楽しみ♪)おまるじゃないよ~

Img_0759_2

Img_0761

Img_0756

皆さんの作品にもひょっこりアヒルが(´ー`)

真剣になっちゃうheart04コレはまりそっっ粘土は黄かかっていて、匂いを嗅いでみると濃い温泉のような香りがする。

Img_0773
図工の時間を思い出します。懐かしいっ♪もくもくと作っちゃいます。

Img_0738

こちらはななママさん、お母様の作品 щ(゚ロ゚щ)凄いっっ売れるじゃないっっ

Img_0758

棚にはたくさんの作品が・・・。パンフレットには「ふくろうの鳴き声が響く静かな里山で・・・」と記載されています。

小砂焼 http://www.geocities.jp/hwfhb259/koisago.html

ななママさんがすべて企画してくださった小砂焼体験ツアー♪とってもとても楽しかったです。皆さんと楽しめたこと、そして栃木県って素晴らしいっっと感激してしまった。

Img_0780
「山菜旨いっ旨いっ」と連呼していたせいか、ななママさんがお母様に連絡をしてくださりナント?!

お土産に摘んできてくださいました(。・_・。)_お母様とっても良い方なんです。

こごみは、既に昨日おしたしとマヨネーズ付けて食べました。ありがとうございますっっ

山菜最高っ♪













| | コメント (3)

2011年7月10日 (日)

アヒル保護~被災地関係~

6月の始め頃、[mixi]のあひる大好きトピに石川県金沢市のペットショップのアヒルが里親募集になっていると、会員の方から連絡がありました。

ケージが狭く、目が爛れて立てなくなっているアヒルがいることもあり、調べてみると・・・どうやら同じ系列の被災地である仙台市のペットショップからやってきたアヒルたちのようでした。

●女性スタッフが、アヒルたちの面倒を主にみている
●前は水浴びをさせていたが時間がなく最近はできなくなった
●足の悪いこが気になる
●早く新しい飼い主さんを見つけてあげたい
●できるだけ清潔に飼育しているつもり

電話でショップのスタッフと話してみると上記のことが判明。

Photo

Photo_2

※撮影銀次郎 さん

投稿された方は、飼育場所の衛生面について保健所に相談されたようでした。飼育場所(ペットショップ)の改善は、その保健所職員に任せ、後は新しい飼い主さんを早急に探すことになった。

●3羽の北京ダック
●1羽の歩けなくなっている北京ダック
●1羽の羽を切られているアイガモ

[mixi]を通じて、計5羽を引き取ってくださった、はやゆみママさんより
実際に暮らしている様子の報告があります。


mixi はやゆみママさんの記事
<ついに完成>
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1744406947&owner_id=6489600
<皆元気にやってきました。>
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1739766594&owner_id=6489600

足が悪く立てなかった1羽のアヒルも泳げていて、
5羽には、固い結束力がみられるようです。


※画像拝借<はやゆみママさんより>

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

5羽のアヒルたちは、お手製の池で暮らし始めました。

5羽すべて引き取ってくださったはやゆみママさんに感謝です♪

**********************************************************

こちらは、6/4に会員のななママさんが、被災地の宮城県石巻市にアヒルを迎えに出向き新しい飼い主さんになった報告です。

Photo_7

http://mebina.blog25.fc2.com/blog-category-19.html

アヒル(カール)より

| | コメント (0)