2015年4月14日 (火)

横浜市戸塚区アヒル観察報告。

あひるネットワーク掲示板の“野外にいるアヒル情報”へ投稿のあったアヒルに会いに行ってみました。

今夜雨は激しくなり、雷雨も予想されているので急いで確認してみることに・・・

もうfacebookには動画もアップしておりますが、何の心配もない元気な女子アヒルちゃんでした。後頭部の禿げと、換羽でピンクピンクしちゃって痛々しそうに見えちゃいます(´- `;

私がいる間、ずっとsweat01水浴び&羽根繕いshine

Img_0503

Img_0502

Img_0529




Img_0518

Img_0520


水に入っているので脚がよく見えなかったのですが、最後の方ようやく仕上げのカキカキをしてくれたので確認できました。

雄アイガモ3、雌アイガモ3でここがカップルになっちゃってて・・・

白アヒちゃんがぼっちになりがちに・・・(。-_-。)

Img_0509

Img_0507

Img_0497
まー 疎外されてはいない様子。

持ってたドッグフードを投げ入れると・・・

Img_0540
何か降ってきたわっ! うまいっうまいっ

Img_0553


ガツガツガツ・・・


アンタそっちねっ あたしはこっちよっっ

Img_0548


まだあるかしら? モグモグモグ)))

Img_0555

Img_0545_2

夢中になる女子アヒを遠目で観ている男性群・・・。アヒルの女子会や~sweat01

Img_0488

ウォーキングや子供を連れた方がお散歩に通る道。家鴨の他にもカルガモやマガモの姿も・・・

Img_0493

自転車で来た年輩の男性や、お孫さんを連れたおばあさまが何かご飯を投げ入れていました。

アヒルたちには待望のご飯だけど、マガモたちには悩ましいところです・・・。

水に入ると雄アイガモは雌たちを狙って追いかけ回すが、陸地へ逃げ込むと追うのを止める。陸地で無我夢中でドッグフードを食べる雌たちを眺めているだけで上っては来なかった。女アヒの聖地なのか・・・?

雄3、雌4の群れで役割が決まっているのかもしれません。














| | コメント (0)

2013年6月 4日 (火)

動物公園へ引き取られていたアヒル君~訃報~

2008年に掲示板にて相談のあった雄アヒル君。

こちらでは報告を続けておりましたがhttp://ahirunetwork.sns.fc2.com/exec/member/blog/view/234138/

5/30に園長さんから悲しいお知らせが届きました。

Photo

室内飼いだったこの雄アヒル君は、飼い主さんへの発情が激しく早急に手放したいと切羽詰まった状況になっていました。すぐには新しい飼い主さんが見つからず、この公園に引き取っていただくことになったのです。

その後、公園内の家禽たちの居場所で他のアヒルたちと一緒に過ごしていたのですが・・・雄同士の争いが激しく。一時は別の場所で飼育されていたようですが、容態が悪化し亡くなりました。7歳~8歳になっていたと思います。

Photo_2

北京ダック雄2羽 スウェーデンアヒル(黒)雌1羽の3羽の群れに入り込んでいて、別の群れは、アイガモ雄2羽北京ダック雄1羽。ガチョウ6羽。と、3つにはっきりと分かれていました。

雌が少ないことが気がかりなだけで、綺麗な水を巡回させ清潔に飼育されています。

昨日、伺ってみると

Photo_3

ガチョウ3羽、アイガモ雄2羽、北京ダック雌1羽(くるりん毛が確認できないが雄1か?)

Photo_4

雌ガチョウ・・・かな?

Photo_5

羽根どうした・・・?こちらも雌ガチョウさん

Photo_6

隅っこのアヒル君がいた場所には、小柄な北京雄2羽とスウェーデンアヒル雌1羽がいました。雄アヒル君がいた群れです。

安全が管理されている場所でも、夜間までは大勢の家鴨たちの行動を把握することが難しいのだと思います。以前にも「野外の貯水池で近隣の方たちとアヒルを飼っていたのですが、亡くなってしまい新しくアヒルを数羽迎えたい。」との募集で、別々の場所から雄のみ3羽をその貯水池へ放したことがありました。

日中は穏やかに餌を貰い過ごしていたのですが、夜間に2羽と1羽で2つの派閥に分かれてしまったようで、1羽は2羽からの攻撃を受け亡くなってしまったのです。衝撃的でした。

脚や胴体の傷を見て、こんなにもアヒルは獰猛なのかと思い知らされたものです。

あの川にはアヒルがいるから、仲間がいるから大丈夫。などとアヒルを放してしまう方たちには、アヒルたちが群れを作って暮らし、派閥があるのだと知って欲しいです。可愛がっていたあなたのアヒルは過酷な争いの中に身を投じることとなるのです。

すぐに仲間になどなれません。

それは、保護アヒルの面倒を見続けている我が家でも起こっていたことです。激しい争いはなくても先住アヒルが1番、次に入ってきたアヒルが2番・・・とアヒルたちはわかっているのです。

ぴぴに絶対服従だった琢磨を「女子アヒルに興味がないアヒル」と思っていたのに、ぴぴが亡くなり、真理ちゃんが来た途端・・・雄アヒルの力を発揮し交尾三昧だったことから、縄張りや派閥は野外だけではない。と感じました。

同じ時期卵から孵ったというアヒルたちを東京の船頭さんのところで見たのですが、その群れははっきりと2つに分かれていました。その2つの中にはトップの雄アヒルが個々にいて壮絶なガンの飛ばし合いをしていたのです。

「こっちにくるな!」

「お前こそ!こっち覗くな!」みたいな・・・(゚∇゚ ;)

どこでどう群れが分かれるのか、興味深いものがあります。

********アヒル君のご冥福をお祈りいたします*********

| | コメント (0)

2012年6月28日 (木)

スズキの容態。

朝ご飯の後、スズキを抱っこして水浴びプラフネに入れると・・・ガーが飛び込み交尾TIMEが日課となった2羽。

Photo_2

スズキの後頭部は、すっかりハゲてしまった

Photo

なので日中は別々の居場所で過ごすことに・・・

Photo_3

少し経つと・・・生え始めます

Photo_4

そんなスズキも卵を産んだりと・・・元気な日々を送っていたのですが、ここ2~3日ご飯の食べが進まないなぁと思っていたところ、目がどんよりとなり、片目が目やにで覆われていた。

保護時から腫れて固まっていた水掻きの指と、その横の指が腫れている・・・

ぴぴも真理ちゃんも関節を痛めたアヒルは目がしんどそうだった。そんな目をしているようにも思え、水上先生のところへ…

Photo_5

Photo_6

体重は2.7㌔ こうして見ると目はクリクリとした輝きがあるように見えますが、実際にはいつものスズキと違うのです。

「先生・・・もしかしてスズキは目が見えていないのかな?」

先生は鉄の細い棒を目の近くで振ったり、急に近づけて止めたりして検査をおこなっていました。近づけた棒に両目とも反応していたので見えていることとなった。

そのうち片目を瞑ってしまうスズキ・・・

Photo_7

「右目の眼球が小さいのが気になる。」と先生は仰っていましたが、結膜炎などの目の病気ではない様子・・・

気になっていた水掻きの指は、第三趾が剥離骨折。

Photo_8

右足が関節炎、左足が股関節脱臼。

Photo_9

保護時は、足指の関節炎との診断だったので、時が経つにつれ剥離骨折をしてしまったのかもしれない・・・

痛みをとってあげなくては・・・・!!!

いつものあの威勢の良いチビっちょちゃんにならなきゃだweep

真理ちゃんのようにはさせないよ。

診察料 \840

X線検査(CR*1-1shot)\6,300

X線検査(CR*1-2shot)\3,675

BaytrilHV  10ml \2,100

テオタブ1T*2*14D \2,940

ロメワン 点眼液 \2,625

計 \18,480

診察費用と薬代は、あひるネットワークの募金と会費より支出されています

| | コメント (2)

2012年5月21日 (月)

金環日食の日。

朝・・・こちら神奈川県秦野市の天気

rain

(`□´;

イカン・・っ  曇りじゃなかったのか・・・?!

TVでは「雲の合間から見えます!」などと放送しています。東京は曇りなのか・・・

\1,480で購入した日食グラスは、このまま使用することなくただのゴミとなる・・・?

リング状になった時間7:30頃の空は、ただただ雨雲に囲まれていたのですが、ナンとsign02

cloud=゚▽゚)ノ ←お待たせっっ 

Photo_2

と、言わんばかりに雲の合間から太陽が・・・・sign03

Photo

↑少年Y(既に成人しておりますcoldsweats01)が、日食グラスで観測中(しっかり見えたです)

あぁ・・・見えてよかった~

ちょっと曇っている空の太陽探しで直視しちゃいますよね・・・太陽をアブナイアブナイcoldsweats01

朝は、常日頃から庭に出ている外飼いの宮永は、アヒルたちのお世話のついでにちょこちょこと観察。うーんアヒル飼いしててよかったheart04

TVでは、日食を迎えると動物たちの動きに変化がみられると、実験観察しておりましたが・・・、特にアヒルたちに変化はみられませんでしたthink

**********************************************************

ガーちゃんの交尾攻撃の為、スズキが首だけでなく目の後にも傷を作ってしまった。

それでもガーを嫌うことなく・・・ガーもスズキを気にしている

Photo_3 Photo_4

水場があると接触しがちになるのでしばらく昼間は居場所を隔離します。

| | コメント (2)

2012年5月 1日 (火)

スズ玉。

ガーとスズキは、ラブラブカップルな日々を過ごしている・・・・。

スズキがプラフネの水場に入ると、

ガーも速攻で飛び込み、交尾を試みている様子を目撃する。

Photo

Photo_2

Photo_3

          ↑ちょっと後頭部のハゲちゃんが気になるところです・・・coldsweats01

ガーの男子アヒルとしての本能が芽生えたのか・・・?

真理ちゃんがいたころは、そんな素振りさえもみせなかったのになぁ。

Photo_4

今年初、スズキ玉shine

体型の違いもあるので、スズキに負担が掛かると思い

すぐに水場から引き上げ、日向ぼっこ場所へ移動させるのですが・・・

スズキは自ら水場に移動し、飛び込み、また2羽でバシャバシャと交尾をしている。

・・・・。

ガーも男子アヒルで、スズキも女子アヒルなんだ。

(当たり前だけど・・・)

真理ちゃんが物足りなさそうに水場に1羽でプカプカ浮いていたのは、ガーは真理ちゃんを先住アヒルのトップとして一目を置いていたのかもしれない。

琢磨がぴぴに一切そんな素振りもみせなかったのに、真理ちゃんにはガッツリ襲いかかっていたのを思い出す。

ガーは、男子アヒルの力を振り翳し、真理ちゃんとカップルとなることもできたのにそうならなかった。スズキにも手出ししなかったのに・・・

アヒル界の人間模様(アヒル模様)も複雑だ・・・think

| | コメント (0)

2011年12月 2日 (金)

真理と一緒のちスズキも・・・。

ガー君のテリトリーに真理ちゃんを入れてみました。

1128

真理ちゃんは速攻水浴び場に飛び込みアピール

・・・・?

ガーの様子は・・・?琢磨が真理を見て突進してきたあの勢いがありません。ガーは、1羽飼いで他のアヒルと過ごしたことがないのかもしれない。

長年過ごしていた石巻の川にはマガモや海鳥はいたが、交尾の対象になる相手がいなかったのでしょう。

・・・・?おめぇ何者だ?

そう言いたげなガー君ですが、他の水鳥たちとは仲良くやっていたので仲間意識はすぐに芽生えたようです。

1130

1130_2

水浴びか?水浴びはおいらも得意だぞっっ

仲良くやっていますが、交尾の行動はまったくありません。

琢磨のいた池は、権力のある体の大きな雄バリケンが雌たちを支配していた。そんな環境で琢磨は、バリケンに押さえ込まれ虐められていたが、どのように雄としての力を見せ付けるか、発揮するかなど、わかっていた。

ガー君はそんなアヒル(アイガモ、バリケンを含む家禽)たちと群れで行動したことがないようだ。

・・・。そうか

1130_3

その後、裏庭のいつもの場所にいたスズキをこのテリトリーの側まで連れて来てみると、ガー君は突っつきも突進もしてこなかった。

そして・・・3羽同じ場所で半日過ごさせてみることにしました。

問題無しですconfident

しかし・・・真理ちゃんが何か物足りなさげな・・・?coldsweats01

| | コメント (0)

2008年6月23日 (月)

その後の3羽たちの様子。

毎日雨が続き、アヒルたちのぐちゃぐちゃ遊びに気合いが入ります

・・・真理ちゃんがダントツの汚し屋さんだ( ´-`)

ちぃがやってきて暫くは、【琢磨と真理】【ちぃ】と居場所や寝場所をすべて別々にしていました

でもお互い「他にアヒルがいるな・・・?」と察知し、ちぃは腹の底から大声を発し「誰かいるの?私ここよ!」と呼び掛けている

そんな、ちぃが静かにプラフネで水浴びを始めると、裏庭から琢磨がその姿を発見し柵を突き破らんとばかりの勢いでちぃちゃんに近づこうとしていた

夕方だけ、一緒に居させようと試みるが琢磨は即突進してきて、ちぃちゃんを執拗に追廻し首の後ろに噛み付く。   んー? では雌同士の真理ちゃんとならどうか?と一緒に居させていると・・・ほどよく距離を保ちながら、新参者のちぃは、真理ちゃんの後をくっついていた

ただたまに、ちぃちゃんが調子に乗り真理ちゃんのお気に入りの場所に座ろうとするものなら、嘴でちぃちゃんの首に軽いジャブを入れている    (´□`;んー?

それから暫く経って、夕方の短い時間のみ一緒にさせてみる

琢磨は相変らず追廻すが、ちぃもコツを得たのか上手くかわした後真理と行動を共にし、畑を探索するようになった。側に寄れない琢磨はそんな2羽を眺めいつものペースで

「おまいら落ち着きが無いなぁ~ もうおいらは小屋に入ってんわ~」

__という感じで小屋の中で羽繕いを始める

その小屋の中へ、一通り遊びを済ませた真理ちゃんが入る

その後にちぃちゃんがくっついて入ろうとした

琢磨は小屋の中から、嘴で突付いて追い払う 「お前入るな!」

・・・・(´・д・`)  これが派閥だ

「おぉ~雌だ雌!カモン!!!」と喜んでいるわけでなく、琢磨はこの小さな派閥のトップとしての力を示そうとしている

脚の悪い琢磨は舐められちゃイカン!と思っているのか、いつもより座っている時間が短く。物凄い勢いでちぃを追いかけ、押さえ付け首に噛み付き放そうとしなかった

・・・2羽、1羽___と別々に飼っているのと同じ状況は、お世話時間も倍になります

ちぃがやってきてから、気の休まらない日が続いた

Photo 「お前は後だよ」Photo_2

それでも、ちぃは琢磨の顔色を見ながら食べ始める

「食っていいですか?」

「まぁ仕方ないなぁ

ゆっくり食えよ」

___こんな感じでしょうか?

Photo_3

←しかし末っ子ちぃは、ちゃっかりしております

真理のお気に入りの場所をゲットし寛いだりします(ここは卵産み場?)

Photo_4

やかましい女アヒル同士

そんな琢磨に、真理ちゃんもちぃちゃんも雌特有の首を左右に振る求愛モーションで挨拶をする

琢磨をトップと讃えているかのようです

あれから、琢磨は水に入ると以前のように真理ちゃんやちぃの上に乗ろうとするがすぐに諦め水浴びに切り返る

そんな琢磨から2羽はすぐに離れ、好き勝手な行動をしている。そして琢磨の側に戻ってくる

(´-`;よかった・・・

琢磨を柱とした3羽の“新しい群れ”の誕生だ

| | コメント (4)

2008年3月31日 (月)

元気の無い真理。

日中は、柵に囲まれた裏庭に居る琢磨と真理ちゃん

琢磨は低い木に隠れるように座ってのお昼寝が定番。真理ちゃんは一箇所に留まらず、嘴で土をほじったり常に落ち着きが無くキョロキョロとしています

一段高い隣の敷地へジャンプし飛び乗る真理ちゃんは、ぴぴには見られなかった身軽るな様子が見受けられます。そんな真理ちゃんが昨日はぐったりとしていました

私が帰宅しその様子に気づいた時、琢磨は元気が無く立てなくなった真理ちゃんの上に乗り首の後ろを突付いていたのです

暖かくなった最近では、水場に入ると交尾を行う様子が見られていました。しかし、水の中とはいえ琢磨は脚が不自由なので上手くその行為ができているかわかりません・・・っが、毎日琢磨は励んでいました。水場だけでそのような光景を確認していたので、どうして地面の上で琢磨が突付いているのかわかりませんでした

しかし、私の留守中に何かがあったのでしょう 真理ちゃんは声も出ないほど衰弱していました。抱っこした真理ちゃんの脚と羽根にツル草が巻き付いていて苦しかったのかもしれません

「真理ちゃんご飯食べる?」抱っこされた真理は、いつもの真理とは違い首をしなだれている

Photo 真理を少しでも地面に座らせると、琢磨が乗ろうとする。どうしてだろう?

急遽段ボールのベットを作り、家の中で様子を見る事にした。ご飯は食べようとしないが、水は飲めるようだ

脚を後にダラリと伸ばし、全く立てず体にも力が入らない様子

ペットボトルにお湯を入れ、両脇に置き温めてあげる。真理はいつもの「ゴゴゴ」という声はともかく、何も声を発しなかった

以前、岡崎氏より細菌を殺菌する薬【クラリスロマイシン】http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se61/se6149003.htmlを譲り受けていたので1錠嘴を開き、飲ませた

夜の11時近くになり、段ボールに入って4時間経とうとした頃、始めてウンチをした。そして、片足を曲げて座っていた。その後大羽根を使い立ち上がろうする真理

少し良くなったのかな?

琢磨は、外の小屋でずっと叫んでいた「くわぁ~くわぁ~」真理を呼んでいるのだろう

もう一度ペットボトルを温め直し、敷き床を綺麗に替え、そこにまた座らせると真理は2本の脚で立ってこっちを見ていた

「真理?いつものゴゴゴは、どうした?」真理は、黒く澄んだ目で見ている。さっきの目とは違う。外の電気を消すと、琢磨も諦めたかのように鳴き止んだ。真理の居場所の電気を消す

暫くしてそっと様子を見に行くと、真理は座って体を埋め寝ていた。 ・・・・大丈夫だ

翌朝、段ボールから出たくて待ちきれない真理は、首を伸ばし今にも羽ばたきそうに待っていた

庭に出すと竜のヒゲを嘴で引っ張り、ムシャムシャ食べ始めている。zoofoodも普段どおりの食べっぷり

昨日のように琢磨が真理に乗ろうとしたら、日中は琢磨のみ裏庭で真理ちゃんは小屋の中で過ごさせてあげようと考えていた。琢磨を小屋から出すと、昨日あれだけ攻撃的だった琢磨はいつもの琢磨に戻っている

2羽は再開の喜びなのか?興奮して庭中を駆けずり回り、道路に飛び出しそうな勢いでダッシュし始めた

いつもどおりだ・・・

331 331_2

畑を猛スピードで走り回る(静止画が撮れません)

331_3 すっかり元気になった真理ちゃん

しかし昨日のあの琢磨の攻撃は何だったのだろう?弱った真理を追い回し攻撃していた

でも今日は全くそんな素振りは無い

以前から野外のアヒルたちによく見られる、脚の悪くなったアヒルを他のアヒルが攻撃し、苛める行為

琢磨も保護時は、首の後が剥げていたので雄アヒルなのだけれども攻撃を受けていたのがわかった

私は、昨日の琢磨の状態を見てある事に気が付いた

真理は弱って立てなくなり、体を平らにするほどダラリとしていた。その姿勢が琢磨には、雌特有の求愛のポーズに見えていたのではないか?と思った

弱っているから攻撃をするのでは無く、服従させようとしているわけでも無く。その姿勢、ポーズがアヒルには交尾の姿勢に見えてしまうのでは・・・?

雌アヒルは交尾時に背中を固く水平にし、雄アヒルが上に乗りやすいような姿勢を取る

昨日の琢磨は執拗に真理を追いかけ、真理に乗ろうとしていた。今日の琢磨にはそんな素振りは全く無い

野外の弱ったアヒルの雌アヒルでも雄アヒルでも、首の後を突っつかれ、交尾をしつこく受けてしまうのは端から見れば苛めに見えるのだが、このポーズにも深い関係があるように思えた

元気になった真理ちゃんは、畑をほじくり回し、嘴を真っ黒にして飛び跳ねている

同じアヒルなのか・・・・?と疑問に思ってしまうほどだけど、安心したよ真理ちゃん (´- `)

| | コメント (2)