2014年6月10日 (火)

スズキの目/実はまた玄関にいます・・・

Photo_2

ゴゴゴ))) クワァ~ ゴゴゴゴ・・・・

Photo_3

・・・・何かしら?

そうですthinkまた、この子たちの夜の居場所は玄関に・・・

それは、既に会員の皆さんにはSNSでお知らせしておりましたが、今年に入ってまたもや奴がやってきていたのです。正体のわからない外敵っち

会員SNSより↓

・・。皆さんから
「一回やってきたらまた来る」
「気を付けた方が良い」と再三アドバイスをいただいていたのにも関わらず、
金網を張っているから大丈夫だろう。と・・・
大丈夫だったのです。アヒルがいるスペースには入れないのですが・・・
これだけ破壊されてはガーもスズキも恐怖で固まっていたはず。
ダメだ!ダメだっっ
こんなんじゃっっ
----------------------------------------

201401

201401_2

(。´-д-)。o○凄い破壊力・・・。

なので玄関に逆戻りです。大工さんを呼んで頑丈な小屋を造ろうと見積もっていたのですが、もう外に居させることが不安でたまりません。

ahiraa2goさん曰く「両手が使えるってことは、ハクビシンやタヌキ、イタチじゃないって!!クマ系だよ!野生化したアライグマじゃないかな?」

・・・(-д-`*)もう戦う気力もない。

何故こんなにも続くのか。最近やたらとまだ薄暗くもなっていない昼間にタヌキの姿を目撃することがある。慌てて道を横切ったりする。

夜行性なのでは・・・?

話しは変わりますが、先ほど帰宅してスズキちゃんの顔を見ると片目が塞がっていたのです(゚∇゚ ;)白い目やにのようなものがいっぱいで、すぐに流水で洗い流し、人間用だけど目薬を差してあげてます。よく見ると目の上辺りに白く濁った固まりがある。

Photo_7

Photo_4

少しよくなったみたいに見える。パッチリお目目

Photo_5

※黒い粒々は、敷き床が砂な為ついてしまったもの

アヒルはこうやって体をいじられるコトが大嫌いです・・・なのでこの後、そ嚢から下の心臓がバクバク動いていた。嫌なんだよね

・・・・。ばい菌が入ってしまったのだろうか?

Photo_8

何だよ今日は騒がしいなぁ・・・静かにしろやガー

| | コメント (0)

2013年7月24日 (水)

【新】アヒル小屋

外敵が頻繁にやってきてから数ヶ月・・・think

すっかり就寝場所は玄関内の狭いスペースとなっておりました

Photo

シートを敷き、砂を入れたスペースは、脚に支障のあるスズキには問題無さそうですが・・・ガーは狭いよなぁthink

昼間は良さげに伸びた草がアヒルたちの居場所を包んでくれていますconfident

Photo_2

日陰で涼しそうに寛いでいるガーとスズキ。

Photo_3

夜だけでなく、日中早めに就寝場所に入れなければならない場合など、

やっぱり玄関内では不都合が多々あり、新規小屋を再作成することに・・・wrench

小屋の回りを金網で覆い、更に小屋周辺から掘り起こせないよう金網を埋めておきました

Photo_4

Photo_5

小屋の周りに木酢液を振り捲きまくり・・・

Photo_6

ライトも多めに取り付けてあります。

更にっっネットで購入したイタチやキツネといった外敵が嫌がる臭いを発する固形物を購入(木酢を固めたような物で2ヶ月持ちます)

臭いは・・・枯れ草を焼いたような香り

Photo_7

中にはカレールーのような物が入っています。2㍍四方に置くと効果ありとのことconfident

うーむぅ

これでどうだっっ(`^´)ノ

暑い中、せっせと金網を取り付けていた私を郵便屋さんは「何やってん?」という目で見ていました

アヒル飼い、特に外飼いは、日曜大工が得意となり・・・ホームセンター通になりがち?今回結束バンドなる物が大活躍でしたshine

| | コメント (0)

2013年5月 4日 (土)

外敵対決(大袈裟ですが・・・)

小屋を破壊され・・・

破壊状況を見たアヒル飼いの方たちから「また来るよ」「この破壊力は熊?!」などと驚かされ

っというか、私がいつも皆さんに呼び掛けていることなのですが・・・sweat01

隙間にも入り込んでいる状況を見ると、やっぱりイタチなのかな?

アライグマ、テンという声もありました。

その外敵が何だろうと、襲われてしまったらあの大災害を乗り越え生き延びたガーと、大怪我をしながらも回復したスズキにお詫びのしようがありませんthink

夜間、玄関内にアヒルスペースを作成

Photo

シートを敷いて、ガーはケージ。

スズキは砂や牧草を敷き、そのスペースへ。

Photo_3 

Photo_4

Photo_5

日中は草をハグハグできるよう、スペースを別に広く作りました。ネコちゃんがいますが、悪さなどせず仲間に入っているかのように昼寝coldsweats01

Photo_6

そんなことを続けて1ヶ月とちょい。

今朝・・・そのアヒルたちが日中いる動物除けネット内に、夜間進入して出られなくなってしまったのか?荒らされた痕跡がsign03

(`□´;

Photo_7

これ、物凄い力です。針金製の園芸用の棒が折り曲がっていました。

ネットに引っ掛かり、相当もがいた様子think

(`^´)頭きたぞっっ

アヒルいないじゃん?!ただの嫌がらせか?!!!!(そんなわけない)

Photo_9 

ネットに絡まっていた金茶色の動物の毛・・・。

悪い奴なんだけど、絡まり捕獲された状態でなくてよかった。

Photo_11 

「そいつだって、子供育てたりして餌が必要なんだよ。」

少年Yがそう言っていた。

夜は安全な場所へ入れてあげてください

アヒル小屋に外敵がやってきた形跡があってからです。http://www.geocities.jp/yayo_pipi/pipi_004.htm

人間がアヒルの安全を守ってあげないといけない。

改めてそう思う。アヒルは家禽、家畜なんだ。

| | コメント (2)

2013年3月13日 (水)

忘れた頃にやって来る~外敵~

何かがやってきた跡・・・

10年前は、イタチだろうと思っておりましたが、
http://www.geocities.jp/yayo_pipi/pipi_004.htm

今回は破壊力が大きい・・・
狸か?!アライグマか?!

外小屋で就寝するアヒルたちの小屋は、お洒落よりも見栄えよりもセキュリティ重視小屋です。
破ることができないプラスチック製の細かい柵に囲まれた小屋の周りは、すだれやブロックで更に囲ってあります。

アヒル飼いになるP48で紹介した頃よりも更に強化されておりました・・・

なのに来るのですよ。奴らは・・・

2013_2

積み上げているブロックを倒し、木製の柵をバリバリを剥いだ後が・・・

裏を見ると・・・

2013

金網で囲って、更に金網を詰め込んでいた箇所を
取り払っている様子が・・・

最初、強風のせいでブロックが倒れ、木製の柵が壊れたのかと思っていましたが・・・
爪痕のような傷が何か所もあり、これは野生動物のせいだとわかりました。

以前、佐渡トキセンターのトキがテンに襲われてしまったニュースがありました。

監視カメラの完備の飼育場所でしたが、わずかな金網の破れた箇所から入り込み被害にあっています。

10年間何もなかった。なのに突然やってくる。

常に小屋の点検が必要です。

そして・・・「犬が一緒だから大丈夫」と、夜間庭に出したままでいられるアヒル飼いの方たちに今一度伝えます。

夜間はしっかりと戸の閉まる、安全な小屋に入れてあげてくださいね。

最近撒いてなかった(/_<) 木酢も撒くぞ~

| | コメント (2)

2007年6月21日 (木)

トコトコアヒルさん~がぁも素材集より~

あひネットのTOPからもリンクしていただいています

『がぁものしっぽ』http://homepage2.nifty.com/gaxamo/Shippo/  がぁも研究員さんHPですが、こんな可愛い~(*´∇`*)素材集が紹介されていますhttp://homepage2.nifty.com/gaxamo/Shippo/Sozai/index.html

あたしはあひる。でもトコトコしますのでお試しください

がぁもさんは、関東近辺のアヒルスポットを探索し、ブログに記載されていますが、TOPのちびこはく(こぶはくちょうの雛)画像最高ですね~♪このボワボワ感がたまりませんっ

そして最近では白い成鳥の姿に成りつつある ちびこはくの画像が紹介されています→(ちゅむりとがぁも)http://chumuri-and-gaxamo.air-nifty.com/chumuri/

***************************************************************************

こちら琢磨邸~

暑くなってきた今日このごろ・・・小屋に日差しが直撃しないように簾を垂らしておきます

夜間はビニールシートを被せます。外から中が見えないようにする為、外敵予防です

Photo_45

| | コメント (2)

2007年6月 8日 (金)

空からやってくる外敵~アヒル飼いMさんより~

あひネットの新しい飼い主さん募集掲示板http://www17.big.or.jp/~hatsu/ahiru_net/topics/topics.cgiでの『2007/05/07東京都立川市より投稿:府中のお祭りに出かけた子どもが、「うちの家では飼えないから」と知らない男性から無理やり押し付けられて・・・』の投稿でアイガモの雛の新しい飼い主さんになられた方と連絡を取る事となった

その後のアイガモ雛ちゃんの成長ぶりの報告を受け画像も送信していただいた

Photo_41 Photo_42 まだまだ大羽根部分が手羽先のように短い~~!!!

既にMさん宅にいられたアイガモの雌3羽にくっついて行動しているようです

冬あたりからMさん宅の庭先で飼っている多数のアイガモ、北京ダック、鶏たちが外敵の被害に遭っているとの事でそのお話を聞いて「まさかっ!!!」と驚き今まで全国の方達から受けていた報告を思い出していた「突然アヒルがいなくなった」「自宅から離れた場所で亡くなっていたが狸やイタチが連れて行くには距離がある人間のいたずらなのか?」

また最近では「自宅から250メートル程離れた場所に横たわっていました。動物に襲われたのか人間にいたずらされて、捨てられたのかどうかは分かりません。お腹には、穴が開いて頭が無くなっていました」と2羽でアヒルを飼っていた方で急に1羽居なくなったと相談を受けていて、その後アヒルさんが遺体で見つかったとの連絡が入っていたのを思い出していた

もしかして?この空からの襲撃者のせいなのでは・・・?

Mさん宅は神奈川県内です。元農家のお家だった為庭先で鶏やアヒルが飼える環境で、あひネットの新しい飼い主さん募集の掲示板を見て下さっていて「里親になっても構いません」と連絡をくださっていました

しかし・・・今現在アイガモの雌3羽・北京の雄1羽・北京の雌1羽と保護アイガモ雛ちゃん1羽となったMさん宅ですが、この空からの襲撃者にアヒルやアイガモたちだけで8羽も被害にあっているというのです

Photo_43 Photo_44

鷹です

この画像はMさんがアイガモが襲われているその瞬間を目撃し捕獲した時の鷹です

丹沢の山から飛んで来るというこの鷹は朝方や夕方に庭に居る

アイガモやアヒルたちを襲っていくようです

鷹を捕獲したMさんは鷹の保護団体に連絡をしたところ「生態性を崩してはいけないので捕獲したその場で逃がしてください」とアドバイスを受けたようですが、家の庭で放してしまってはまたアヒルたちが襲われてしまうと車を走らせ少し離れた川で放してあげたそうです。鷹は野鳥で保護動物となります

しかし・・・その後の同じ鷹なのかわかりませんが、度々やってきてはアヒルたちを襲っていったようです。それもしっかりした柵や網を張った小屋に入れても少しの隙間を見つけ(顔が入る隙間なら入れてしまう)侵入しアヒルたちを襲う・・・アヒルやアイガモたちだけでなく鶏にまで被害は及んでいきました

襲われたアヒルたちの亡骸は悲惨なもので、固い頭部分は残し、首は鋭利な刃物でも使ったかのようにスッパリと切れており、胴体やお腹は鳥の標本のように綺麗に骨を残し肉部分は啄んでいったように肉が跡形もないとの事。またどうやってもアヒルが飛び越えられないような柵を越えた場所で亡骸が同じような状態で見つかったり、自宅側の学校校舎の裏でやはり胴体が標本のように肉が無くなり骨だけになったアヒルも見つかっています

どんなに対策を練ってしっかりした金網を張ってもやってくるという空からの外敵・鷹

今現在、Mさん宅に居るアヒルたちの数羽も鷹に頬肉を突っつかれて傷を負った子もいると・・・Mさんは低空飛行で静かにやってくる鷹の怖さを語ってくださいました

また、同じような被害にあっている方が東京都にもいるようで・・・今まで四つ足のイタチ・狸・ハクビシン・アライグマなどの動物が外敵と思われてきましたが、空からやってくるこんな外敵もいたのだと思い知らせれた

家鴨の外敵で家鴨が被害に遭っているというのに・・・野鳥だからと鷹をそのままにしておいてよいのだろうか?家鴨は家畜で鷹は野鳥だから・・・?何だか納得できません

| | コメント (2)