2016年12月 1日 (木)

スズキはね・・・。

11/21  22:42スズキはahiraa2goさんに見守られながら旅立って行った。
Img_6164

前日、送られてきた画像を見て、台湾にいた私は、「帰国したらすぐに湯河原へ行こう。」そんな気持ちになっていた。目はピカピカしているのに、淀んでいるというか、何度もアヒルを見送っている私は、何だか予感がしたんだ。

10月には、2度も、スズキに会えていた。
29日、また湯河原へシッターへ向かっていたのです。

Img_5824
Img_5826

いつものようにチョコンと、スズキ。
ミルワームを手からツンツンツン、と食べていた。

あるひとチャイが寄ってくると、ツンツン「あたしの!」とアピール。
ウコちゃん達も寄ってきた、「みんなと一緒ね」次から次へとミルワームを手のひらへ注ぎ足した。

10/8の日は、チャイとあるひ、ウコ組を先に2Fへ連れていった、
スズキが「あたしは?!」と言わんばかりに「ガァガッガッガッ!!」とたまに叫ぶ。
自由に歩くことのできないスズキに何かあってはいけないと、慌てて1Fへ戻った。

だから、29日は一番先に2Fへ連れて行ったんだ。
だけど、「何故?!あたしだけここにっっ?!!!」と、叫ぶ。

「ガァガガガガガガーーーー?!!」(誰かぁぁっぁぁっぁぁ?!)
「ガガガガガガァーーーーー?!」(みんなどこぉっ?!)

はいはいはいっっ

こんなこと、今までにもあったね。私が仕事から帰ってくると、首を伸ばして見ている。
「スズキ♪」呼びかけると、また首を伸ばしてコクリコクリと、挨拶をしているようだった。

それが楽しくて、何度もひつこく繰り返したりで・・・。

スズキと過ごした日々は、いろんなことがあった。
埼玉県で保護されたときは、「もう永くないのかもしれない。」 そう、思っていた。
剥げた皮膚には、虫がたかるほど劣悪な環境にいたスズキ。

見かねた方がそこから連れ出し、病院へ連れていってくださった。「スズキ」はその方が呼んでいた名前。
名字の鈴木さんからきてるのか、ニックネームなのかは不明のまま。

一歩進んではコテっ、立ち上がってはヨロヨロ、コテン。
トコトコ歩くことはできなかったけど、悲壮感がなかった。
クゥ~~ンと、かすれた甘えた鳴き声にツブラナお目目、抱っこすれば脚の爪でイヤイヤする。

29日は、ahiraa2goさんのお部屋で、嘴ゴシゴシしたら、
スクっと立ち上がっていたね。

Img_5845


「じゃぁ、行くね。」と、部屋から出るとき首を伸ばしていたね。

帰り道、スズキのいる真鶴の風景を撮ったんだよ。

Img_5858_2


ここに来ればスズキに会えるって。

でも、まだ遠く離れていた私には、あの海が見えるあの場所に行けば、会える気がします。そう思っていてもいいよね。

スズキ・メロン 享年11歳(推定)

| | コメント (2)

2016年7月 5日 (火)

6/21 大谷資料館、原澤さん宅、宝来吉預かり。

宝来吉がいる同じ宇都宮市の原澤さん宅へ。
その前に同じく宇都宮市在住ななママさんが大谷資料館へ連れていってくれましたhappy01
蔵の街や近辺でよくみかける風情のある石の蔵。

ここの採掘場で採れる石だったのですっっgawkほぉぉ~
その前にご飯restaurant
Img_4484

Img_4482
そば粉のブルーチーズクレープ焼き うまいっっhappy02
Img_4499

とても幻想的っ 地下にある神殿って感じですshine
Img_4490
Img_4514

映画やPVの撮影にもよく使用されるらしく、あのGLAYの、あのPVも♪
Img_4518

原澤さん宅のお庭、芝生と池、日陰もあって、素晴らしいっっアヒルランドchick
Img_4530
Img_4527

Img_4534

Img_4554
パパが白北京、ママがアイガモちゃんのミックス君。
Img_4532
宝来吉もみんなと芝生でhappy01
Img_4562

数日後。宝来吉のお預かりconfident
アヒルの匂いと「クゥ~ンくぅん」声に包まれた数日間。
常にガン見されている状況が懐かしいような・・・・ 笑
Img_4569
Img_4592
Img_4648
ウトウト・・・。グゥグゥ。
Img_4627

| | コメント (0)

6/16 湯河原スズキ。鎌倉、由比ヶ浜。

スズキの脚がちょい心配なこともあり、湯河原へ。
JR上野東京ライン熱海(快速アクティー)で行ってみましたhappy02最初は良かったが・・・。
飽きちゃうっっbearingざっと3時間ってトコでしょうか。グリーン車だけど指定席でないということも勉強になった 笑

Img_4298
真鶴の海ぃぃ~~~ 潮の香り、久しぶりっっwave
Img_4295
茗荷としらすのパスタhappy02うまいっっ
Img_4306
いつも可愛いなぁheart01ひいき目もある ふっ
Img_4472
いつも威張ってガッツリ食べているらしい・・・ チャイ、あるひごめんよぅ
Img_4643

独り占めしているし っっcoldsweats01

Img_4310
抱っこもheart04
雨の季節は羽根がジメジメ、ドライヤーで乾かしてもらっていましたhappy01
そんなahiraa2goさん作、「ちゃい君すたんぷ」発売中~~
Img_4609
Img_4636

似てるでしょ?

ahiraa2goさんはかたくなにガラケーを使用していた。メールする度に「スマホにして」と何度伝えたでしょうかthink@docomoのメールでやり取りしていたのは、ahiraa2goさんと親くらい?スマホに切り替え半年足らず・・・LINEのスタンプ販売をするまでにsign03
やるなぁ~good

夕方、JRに乗り少年Yの住んでいる鎌倉へ

Img_4353

あじさい寺の長谷寺・・・7時過ぎということもあり、静まりかえっていましたcoldsweats01

Img_4357_2
よく行く店らしい。
翌朝、由比ヶ浜で彼のサーフィンを見学。夏が来るねぇ
Img_4396
Img_4452
海っていいよなぁ~




| | コメント (0)

2015年12月29日 (火)

横浜市戸塚区アヒル観察報告2

Img_2625

Img_2627

Img_2628

Img_2629

http://yoiyoi.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/post-a25a.html

Img_2630

Img_2634

Img_2635

Img_2639

Img_2640

Img_2642

Img_2644

Img_2646

換羽中の雄アイガモ2、雌アイガモ2

Img_2647

Img_2648

Img_2651

Img_2652
Img_2653

Img_2654

Img_2658

Img_2659

Img_2660

Img_2661

Img_2662

Img_2663

Img_2664
Img_2664_2

Img_2665

Img_2666

Img_2667

Img_2669

Img_2670











































































































| | コメント (0)

2015年4月30日 (木)

栃木県ななママさん宅へ~小砂焼体験~

GW初日の4/29、会員のななママさん宅へ

神奈川県の端っこからトコトコとやってきたahiraa2goさんを北千住で拾い、yayoとahiraa2goさんは車で栃木県へgo!rvcar※去年に引き続き不安ペアだが、今回は自動に喋ってくれるナビあるし、(笑 少しは都会になれたyayoいるし、ダイジョぶgood

アヒル繋がりの皆さんと会う時は、アヒル連れでアヒル中心となることが多いのですが、今回は「アヒルたちお留守番♪アヒラーたち遊ぶ♪」の会となった。

(´ー`)

Img_0687

ちな宅 るー4歳、くー3歳、

Img_0699

カエル宅 だいず9歳、きいろ8歳

Img_0777

Img_0779

医師のアドバイスの元、自然治癒した脚。

ぐあ宅 ヒューイ4歳

http://ameblo.jp/ahiahiahiahiahiahiahiahi

※要アメブロメンバー

Img_0690

ななママさん宅 ゆず、いちご

2009年8月、アイガモ農家からやってきた2羽ちゃん大きくなったね~

5歳・・・6歳になるのかな?

Img_0691
2011年6月に被災地より引き取りカルー君

Img_0696

同年12月宇都宮ダム保護きゅうちゃん。

ななママさん宅で療養中。 ななママさんは数多くのアヒル介護用品を工夫、開発されていて勉強になります!ブログに数多くの紹介有。きゅうちゃんとカルー君の敷き床には、柔らかいネットが・・・

Img_0695

http://mebina.blog25.fc2.com/

※アヒル飼いになる協力

カルー君、きゅうちゃんについてはこちらhttp://www.geocities.jp/yayo_pipi/ahikamogacho_001.htm ※旧あひかもがちょ情報局

Img_0704


さてさて・・・2台に乗り分けしていざ小砂焼(いさごやき)体験へ (注)小砂こいさごでした!

その前に敷地内にあるお蕎麦屋さん:陶里庵でお昼ご飯♪

Img_0706

Img_0721

天もり これが、見たコトのない山菜だらけでお蕎麦も天ぷらも超美味shine

んで、¥1150ってш(´[]`)ш安いっっ 山菜の正体は、コシアブラ・コゴミ・ウド・タラの芽だった・・・後はエビ、さつまいも 大満足♪

Img_0751

ろくろチーム ahiraa2goさん、ぐあさん

手び練りチーム ちなさん夫妻、カエルちゃんさん、yayo

迷わずアヒル作成~ さて?何の器でしょ?(二ケ月後のお楽しみ♪)おまるじゃないよ~

Img_0759_2

Img_0761

Img_0756

皆さんの作品にもひょっこりアヒルが(´ー`)

真剣になっちゃうheart04コレはまりそっっ粘土は黄かかっていて、匂いを嗅いでみると濃い温泉のような香りがする。

Img_0773
図工の時間を思い出します。懐かしいっ♪もくもくと作っちゃいます。

Img_0738

こちらはななママさん、お母様の作品 щ(゚ロ゚щ)凄いっっ売れるじゃないっっ

Img_0758

棚にはたくさんの作品が・・・。パンフレットには「ふくろうの鳴き声が響く静かな里山で・・・」と記載されています。

小砂焼 http://www.geocities.jp/hwfhb259/koisago.html

ななママさんがすべて企画してくださった小砂焼体験ツアー♪とってもとても楽しかったです。皆さんと楽しめたこと、そして栃木県って素晴らしいっっと感激してしまった。

Img_0780
「山菜旨いっ旨いっ」と連呼していたせいか、ななママさんがお母様に連絡をしてくださりナント?!

お土産に摘んできてくださいました(。・_・。)_お母様とっても良い方なんです。

こごみは、既に昨日おしたしとマヨネーズ付けて食べました。ありがとうございますっっ

山菜最高っ♪













| | コメント (3)

2015年4月14日 (火)

横浜市戸塚区アヒル観察報告。

あひるネットワーク掲示板の“野外にいるアヒル情報”へ投稿のあったアヒルに会いに行ってみました。

今夜雨は激しくなり、雷雨も予想されているので急いで確認してみることに・・・

もうfacebookには動画もアップしておりますが、何の心配もない元気な女子アヒルちゃんでした。後頭部の禿げと、換羽でピンクピンクしちゃって痛々しそうに見えちゃいます(´- `;

私がいる間、ずっとsweat01水浴び&羽根繕いshine

Img_0503

Img_0502

Img_0529




Img_0518

Img_0520


水に入っているので脚がよく見えなかったのですが、最後の方ようやく仕上げのカキカキをしてくれたので確認できました。

雄アイガモ3、雌アイガモ3でここがカップルになっちゃってて・・・

白アヒちゃんがぼっちになりがちに・・・(。-_-。)

Img_0509

Img_0507

Img_0497
まー 疎外されてはいない様子。

持ってたドッグフードを投げ入れると・・・

Img_0540
何か降ってきたわっ! うまいっうまいっ

Img_0553


ガツガツガツ・・・


アンタそっちねっ あたしはこっちよっっ

Img_0548


まだあるかしら? モグモグモグ)))

Img_0555

Img_0545_2

夢中になる女子アヒを遠目で観ている男性群・・・。アヒルの女子会や~sweat01

Img_0488

ウォーキングや子供を連れた方がお散歩に通る道。家鴨の他にもカルガモやマガモの姿も・・・

Img_0493

自転車で来た年輩の男性や、お孫さんを連れたおばあさまが何かご飯を投げ入れていました。

アヒルたちには待望のご飯だけど、マガモたちには悩ましいところです・・・。

水に入ると雄アイガモは雌たちを狙って追いかけ回すが、陸地へ逃げ込むと追うのを止める。陸地で無我夢中でドッグフードを食べる雌たちを眺めているだけで上っては来なかった。女アヒの聖地なのか・・・?

雄3、雌4の群れで役割が決まっているのかもしれません。














| | コメント (0)

2013年11月21日 (木)

上様・・・頑張ったね。ahiraa2goさんありがとう・・・

湯河原の会員ahiraa2goさん宅、上様が亡くなったと・・・昨日のfacebookで報告がありました。

上様は2009年2月に上野公園で保護され、そのまま動物愛護センターへ送られ引き取り保護を待っていたアヒルさん。保護されているアヒルがいることを知ったのは、東京の会員さんが愛護センターの掲示板を観ていてくださっていたからでした。

3時間近くかけて息子さんと引き取りに向かったahiraa2goさん。まだ若アヒル君とみた私たちは1歳くらいだろうと判断していましたが、その後・・・上野公園で上様が確認されていた情報よりもう少し上の2歳~3歳とみていました。

http://www.geocities.jp/yayo_pipi/ahinet_034.htm

保護時より足裏には酷い趾瘤症があり、立つこともやっとだったのです。

http://www.geocities.jp/yayo_pipi/ahikamogacho_029.htm

ahiraa2goさんは、自分のバレエ経験を生かし「こんな工夫をしたら、痛さを和らげてあげられるのではないか・・・」といろいろ試され、記録を残されています。

http://www.geocities.jp/yayo_pipi/ahikamogacho_029.htm

“趾瘤症が固くなり、地面に足をつけない状態なので直接地面にふれないように魚の目保護パッドでタコの回りをぐるっと覆い、傷パワーパッドを付けインドメタシンクリームを塗り、テープでぐるっと巻きます”

アヒル飼いの治療、特に趾瘤症に関しては飼い主さんの知恵やアイディアによって多くの治療法が発案されてきました。体重の重たい北京ダックには足裏や関節のトラブルはその後のアヒル人生にも大きく関わってきます。

歩けなくなる、立てなくなることは床擦れという次へのトラブルが待っている・・・

200912

200912_2

2009年12月の上様、さんちゃんと仲良くペアとなっていました。

200912_3

“アヒル飼いになる”本でも、さんちゃん・徳ちゃんと共に元気な若アヒル姿を披露しております。

201002

2010年2月、ahiraa2goさんは「いいひのき枝はないか?」と枝切りハサミを持ち、車を走らせ、上様や徳ちゃんの敷き床用にと伐採に励んでおりました。(エライよ)

201002_2

↑2010年2月のツーショットです。

201203

2012年3月のツーショット↑すっかりお座りアヒル君に・・・いつも青々とした新しいひのき枝が敷かれていました。

201203_2

2012年3月の上様、テーピングで脚を固定させています。足裏が直接地面に触れることがないので、傷みを和らげる他ばい菌も防げます。

201304

2013年4月 ahiraa2goさん幹事神奈川県アヒルさみっと時の上様。さんちゃんも徳ちゃんもいなくなった庭でチャイたちコールダックを見守る毎日でした。

「最期は眠るようにゆっくりでした。

今はやることがなくなって茫然自失状態です。」

お座りアヒルのお世話は、本当に時間の取られる日々です。出掛けることもままならず、出掛ければ夕方まで帰らなくては!!!と、時間にも追われがちに・・・。ご飯や小屋の掃除、敷き床や水浴び・・・やることが山ほどあるからです。

日を浴びたアヒルは、本当にいい匂いがします。

自由に歩けないアヒルたちにはお日様が大事なのです。

ahiraa2goさんのfacebookで「良い天気」「青空」との天候の記事が多いのはそのせいですね・・・。

今年初めにさんちゃんが天国へ逝ってしまった翌日、私はahiraa2goさんの落胆した姿を見て、大変だったねありがとう・・・と言うのが精一杯でした。きっと、さんちゃんも感謝しているよと・・・。そして今、上様もさんちゃんの元へ逝ってしまった。

さんちゃん、上様、徳ちゃん・・・

アヒルの寿命は短い。

長生きできない子たち。

完治できないトラブルを持ったアヒルでも、少しでも傷みを和らげ、安全で清潔に過ごさせてあげたい。

そして・・・

最期の看取り役になるとの覚悟も要るのです。大きな喪失感も多く経験します。

ahiraa2goさん、感謝です。

| | コメント (2)

2013年8月 1日 (木)

~沖縄のAL~

7/26沖縄在住のHatsuさんから悲しいお知らせが届いていた。

北海道で大怪我をして片翼を無くしたALは、一年くらい前に病気でもう片翼も失っていた。両翼を持たないアヒルでも嘴を上手に使い、特別な介護を要することもなく日々過ごしていた様子がfacebookで覗えた。ん?それは、ALだったからできたことなの・・・?

ALがHatsuさんの住む沖縄へ移住してから10年が経とうとしていた

http://www.geocities.jp/yayo_pipi/pipi_024.htm

と、いうことはRockが亡くなってから10年過ぎている。と、いうことになる。

http://www.geocities.jp/yayo_pipi/pipi_021.htm

Rockが亡くなったときに一人暮らしをしていたHatsuさんに「大丈夫?辛くない?側に居てくれる人はいる?」と心配して電話を掛けたことを思い出した。それほどRockとHatsuさんは一体だった。

今、Hatsuさんは沖縄で幸せに暮らしている。旦那様と多くの友達に囲まれ過ごしています。そして画廊喫茶の女将さんという職業を始めている。

時が過ぎるのは早いね・・・ALに会いに行って追い掛け回されたことが懐かしいよ。Hatsuさんは逃げ回る私を見て「大袈裟な・・・」と呆れていたよなぁthinkその頃、雄アヒルを飼ったこともなく慣れていなかったのだよ・・・gawk

http://www.geocities.jp/yayo_pipi/pipi_032.htm

ALさよならだね。10歳は長寿さんだよshineALshine

935842_637864859560021_1168362253_n

| | コメント (6)

2013年6月 4日 (火)

動物公園へ引き取られていたアヒル君~訃報~

2008年に掲示板にて相談のあった雄アヒル君。

こちらでは報告を続けておりましたがhttp://ahirunetwork.sns.fc2.com/exec/member/blog/view/234138/

5/30に園長さんから悲しいお知らせが届きました。

Photo

室内飼いだったこの雄アヒル君は、飼い主さんへの発情が激しく早急に手放したいと切羽詰まった状況になっていました。すぐには新しい飼い主さんが見つからず、この公園に引き取っていただくことになったのです。

その後、公園内の家禽たちの居場所で他のアヒルたちと一緒に過ごしていたのですが・・・雄同士の争いが激しく。一時は別の場所で飼育されていたようですが、容態が悪化し亡くなりました。7歳~8歳になっていたと思います。

Photo_2

北京ダック雄2羽 スウェーデンアヒル(黒)雌1羽の3羽の群れに入り込んでいて、別の群れは、アイガモ雄2羽北京ダック雄1羽。ガチョウ6羽。と、3つにはっきりと分かれていました。

雌が少ないことが気がかりなだけで、綺麗な水を巡回させ清潔に飼育されています。

昨日、伺ってみると

Photo_3

ガチョウ3羽、アイガモ雄2羽、北京ダック雌1羽(くるりん毛が確認できないが雄1か?)

Photo_4

雌ガチョウ・・・かな?

Photo_5

羽根どうした・・・?こちらも雌ガチョウさん

Photo_6

隅っこのアヒル君がいた場所には、小柄な北京雄2羽とスウェーデンアヒル雌1羽がいました。雄アヒル君がいた群れです。

安全が管理されている場所でも、夜間までは大勢の家鴨たちの行動を把握することが難しいのだと思います。以前にも「野外の貯水池で近隣の方たちとアヒルを飼っていたのですが、亡くなってしまい新しくアヒルを数羽迎えたい。」との募集で、別々の場所から雄のみ3羽をその貯水池へ放したことがありました。

日中は穏やかに餌を貰い過ごしていたのですが、夜間に2羽と1羽で2つの派閥に分かれてしまったようで、1羽は2羽からの攻撃を受け亡くなってしまったのです。衝撃的でした。

脚や胴体の傷を見て、こんなにもアヒルは獰猛なのかと思い知らされたものです。

あの川にはアヒルがいるから、仲間がいるから大丈夫。などとアヒルを放してしまう方たちには、アヒルたちが群れを作って暮らし、派閥があるのだと知って欲しいです。可愛がっていたあなたのアヒルは過酷な争いの中に身を投じることとなるのです。

すぐに仲間になどなれません。

それは、保護アヒルの面倒を見続けている我が家でも起こっていたことです。激しい争いはなくても先住アヒルが1番、次に入ってきたアヒルが2番・・・とアヒルたちはわかっているのです。

ぴぴに絶対服従だった琢磨を「女子アヒルに興味がないアヒル」と思っていたのに、ぴぴが亡くなり、真理ちゃんが来た途端・・・雄アヒルの力を発揮し交尾三昧だったことから、縄張りや派閥は野外だけではない。と感じました。

同じ時期卵から孵ったというアヒルたちを東京の船頭さんのところで見たのですが、その群れははっきりと2つに分かれていました。その2つの中にはトップの雄アヒルが個々にいて壮絶なガンの飛ばし合いをしていたのです。

「こっちにくるな!」

「お前こそ!こっち覗くな!」みたいな・・・(゚∇゚ ;)

どこでどう群れが分かれるのか、興味深いものがあります。

********アヒル君のご冥福をお祈りいたします*********

| | コメント (0)

2011年9月28日 (水)

~ガーコ~ 石巻のスーパーアヒル君。

行ってきました。宮城県石巻市。

往復1000㌔の日帰りって・・・・sweat01

<保護報告>http://www.geocities.jp/yayo_pipi/ahikamogacho_056.htm

何でスーパーアヒル?→http://mainichi.jp/select/jiken/graph/20110324/11.html(毎日jpより)※記事が期限切れの為画像はこちら↓

3.11大津波に遭いながらも二週間後に元居た住吉公園に戻ってきた泥だらけなアヒル。どうやって戻ってきたのかは未だに不明・・・

Photo

いつもの場所に居てくれないのが、アヒル保護w

「この前はすぐ側まで来ていたのに・・・・」「今日は全然寄ってきてくれない。」

日々事情が変わる。それがアヒルw

Dsc02485

この画像いいなぁ~shine 投稿者の方とガーコの石巻での最後のツーショットとなりました。

この岸辺にガーコが移動する時間は昼頃と決まっているらしく、その合間を見て投稿者さんが被災地を案内してくださいました。

被災され亡くなった方々にお花を手向けたい。そう言うと、

「川にしましょう。沢山の方々が亡くなった川です。」とガーコがいる場所よりももっと河口へ向かいます。

Dsc02477

女川も案内してくださいました。

想像を絶するってこのようなことを言うんだと息を呑んだ。深い海の色と粉塵の舞い上がった街がミスマッチのように思えた。倒れている建物、そびえ立つ瓦礫の山、ブルドーザーの音。

Dsc02480

Dsc02482

我が家にやってきたアヒル君、ガーコは、

「フーフー」とすぐ威嚇をし、座ったままでいた。

水上先生の診察室に入ってもキョロキョロと警戒中。

Dsc02486

<診断報告>http://www.geocities.jp/yayo_pipi/ahikamogacho_057.htm

真理ちゃんとスズキとは暫く別行動です。早速ガーコだけの専用な居場所を作成。

927ibasho1

なのに大暴れ。

927ibasho3_2

お尻見えてますよ~。

余談:今回もダイブ状態で保護。チャンスを逃すともう二度と近寄ってくれなくなってしまうというプレッシャーと戦いながらも一発真剣勝負dash

左の薬指の爪は剥がれるわ、突き指するわで・・・お風呂で膝を見たら青アザができていました。

ガーコの診断結果は思わしくないけど、頑張って乗り越えて行こうねhappy01

バイトリル50 \4,410

メタカム15ml \4,725

診察料 \840

カルテ作成料 \525

X線検査×4 \12,600

AHYPクリーム(床ずれ用) \2,100

糞便一般検査(初診無料)   計\25,200

診察費用と薬代は、あひるネットワークの募金と会費より支出されています 

| | コメント (2)