2014年9月20日 (土)

ガーはみんなのところへ。

ガーが旅立った夜、今はもうとっくに成人になり一人暮らしをしている少年Yから連絡があった

「突然だけど、今日帰るけど」

少年Yは、3年前に石巻でガーの保護時に立ち会っていた。何ヶ月も帰ってきてなかったのに・・・

------こんなことあるんだ

横たわったガーの姿を見て、「どうして?」と聞くので説明をした。彼はアヒルに興味があるわけでなく、たまに眺めてはからかったり、たまーに頼まれお世話をしているだけだった。

「スズキ可哀想だな」

Img01225

スズキは数日間、ガーの姿を探していた。

キョロキョロしては「ガガガっっ---!」と何かに気が付いたように大きな鳴き声を出す。こんなことは始めてじゃない。

いつも誰かがいなくなると、アヒルたちは落ち着かなくなる。

Img01224

スズキは我が家に来て4年。

-----アンタの方が先に弱っていくと思ったよ

大柄な生粋北京は進行が早い。足でも内臓面でも・・・

Img01223

| | コメント (0)

2014年9月12日 (金)

ガーの最期。

今朝、抱っこしたガーは、

「やめろっさわるなっ」と、迷惑そうな顔。

水に浸けたお米をバシャバシャと何度も嘴に運んでいた。だから、大丈夫。

お日様が羽根を乾かしてくれる。

やっと晴れたね。

お気に入りの場所に降ろした途端、ズリズリリ、と大羽根で移動。

ガーはモクモクと移動を始めた。

隅の隅まで移動したけど、それ以上は進めないよガー。

嘴が半開きになり、舌を出し始めた。

ダメだっそれはダメだよっガー!!!

大羽根に力を入れながら、ガーは何度も何度も上半身を反らしながら羽ばたいた。

Img01215

7:50永眠

Photo

大津波に遭ったはずなのに元の居場所に戻ってきたと、新聞の記事になったガー。

震災から2週間後のことでした。

半年後、足の腫れたアヒルがいるとの連絡を受け、その後このアヒルは震災のあった街を眺めていたあの画像のアヒルだと知る。

923gako1

こんなにボコっと腫れていた足首は、我が家で過ごすうちにすっかりと治っていった。

やっぱりこのアヒルは何か持っているわ・・・。

いつもご飯をいっぱい食べたくて、ネットを飛び越えご飯を狙っていたガーちゃん。

お腹に溜まった水は苦しかったね。

苦しくて立てなくなっちゃったもんね。

瞑った目からポロポロと、二粒。

涙じゃないとわかっているけれども・・・

今までガーを支えてきてくださったあひるネットワークの皆様や、募金をしてくださった方々に感謝致します。

ありがとうございました。

Ibasho2

Photo_2

| | コメント (4)

2014年8月31日 (日)

ガーの病院。

抜いてもらった腹水はまたすぐに溜まり、お腹はタプタプに・・・

・食欲はある

・羽根繕いや動作は健康時と変わらず

・嘴が熱い

・動きたくない様子

会員さんより、犬や猫でも治療で腹水を抜くことがあるので、近隣の動物病院に相談してみては?とのアドバイスがあり、問い合わせをしてみたのですが、やはりアヒル自体の扱いに慣れていないとトラブルの原因に成りかねないと判断し、水上先生のところへ

Img01174

どんよりモード かったるいんだよねガー

Img01175

超音波で検査 ※

Img01181

Img01183

Img01178

炎症があるのでドロドロと糸を引くような液体

Img01185

Img01187

大人しいねガー

Img01188

点滴(リンゲル、ビタミン入り)

Img01189

アヒルはベタベタと触られるのが大嫌い、家に戻るとゴシゴシと羽根繕いを念入りにした後、スズキと寄り添っていた

Img01192

かったるいのに触るなっっ 

タプタプに溜まった腹水を抜くことが、病気の改善になるわけではなくて抜いても溜まっていく。呼吸が楽になるように抜いている状況です。

だるくなり動きたくないのは肝臓のせいだと説明を受けました。

診察料 \1,000

皮下点滴 \2,000

腹水抜水 \5,000

腹水鏡検 \1,000

超音波断層検査 \0

強肝剤 \1,750(一週間分)

補助療法剤 \1,400(一週間分)

--------------------------

\13,122

※保護アヒルの治療費は、会費や募金を使用させていただいております※

| | コメント (0)

2014年8月27日 (水)

ガーの経過。

涼しい日が続き、ガーにも好都合です♪

お腹のタプタプは相変わらずですが、ウンチも普通の色になってきています。

昼間「ハァー、ハァー」とゆっくり呼吸するときもあり、様子がいつもと違うことが伝わる。苦しいのだと思う。ご飯はダッシュで飛び込んでくるくらい食欲はある。

ちくわや、バナナ、生の米と・・・いつもは少しづつおやつ代わりにあげていた物を多めにあげています。食べるとおかわりって顔でこちらを見る。

食べたいってことは生きたいってこと。

Img01151

夏の草で覆い茂った庭で過ごすガーshine

日陰を造る為に植えた木も大きくなっています

Img01154

Img01157

水浴び後のスズキは目がパンダ・・・

ガーは重たくなった体を支えて移動するため、大羽根が擦れている

Img01160

ゴクゴクっ

Img01166

プハッ

| | コメント (4)

2014年6月17日 (火)

スズキの目その後。

スズキの目は日に日によくなってきました・・・

瞳にちょこっとした白い固まりは無くなっていた

Photo

Photo_2

目が若干赤く見えるけど、黒くピカピカした目に戻った。目やにが酷かったのは1日だけ。人間が使用している目薬(疲れ目を取る)だけでは、ショボショボ感は改善できなかったので、

以前水上先生が処方してくださった“ロメワン”

http://www.senju.co.jp/about/business/animal/products_005.html を調べてみた。犬:細菌性の結膜炎、角膜炎、眼瞼炎、と表示してある。

うーむぅ(。´-д-)ゞ

結膜炎なのかいな?

アレルギー性鼻炎の私は先週耳鼻科に行き、飲み薬と目薬を処方されていた。

あるじゃん?!目薬っ♪→レボカバスチン塩酸塩(点眼)

「アレルギー症状を引き起こすヒスタミンなどの体内物質の働きをおさえる作用があります。そして、目のかゆみ、結膜充血、涙目、目やに などアレルギー性結膜炎にともなう諸症状を改善します。」

・・・・うむぅ いいんじゃない?コレ?

そして、それを点眼してみるとショボショボ目はよくなり、閉じ気味だった目が翌日にはパッチリとしていた。目の白く曇った固まりは何だったのだろう?

Photo_3

チラっ

Photo_4

チラり・・・ こちら側の目です↑

・・・。

こっちの方は・・・

Photo_5

あっち行けガー

※換羽中の為、ご機嫌斜めです※coldsweats01

| | コメント (2)