« 2016年12月 | トップページ

2019年7月 9日 (火)

持っている人。

2007年初優勝のときがよみがえってきた、でもそれは17hでハン選手がダボを打ってから、それまで遼君が優勝するって多分誰も思っていなかったかも?
最終日にダボを連チャンするって・・・。ロングでダボってティショットでOBかと思いきや、グリーン左のラフに入れてのOB。まさかだった。

1日36H、これも2007年以来。何で気が付かなかったんだ!マンシングウェアオープンKSB!!!
日に焼けた高校生の少年が後続を待っての優勝。その優勝スピーチでキャディの紹介をするのだけど、ピンポジが難しく、グリーンセンター狙いでいこうとする遼君に「攻めていくのが遼だろ?」と奮い立たせたエピソードがある。

12年前自分がゴルフにのめり込んでいたとき、遼君が現れた。前向きで謙虚な姿勢は優良ゴルファー。
ワクワクさせる豪快なドライバーショット、彼はリスクと戦っていた。
曲がれば林やOBが待っている。スプーンで打てばスコアはまとまる。けど、あえてドライバー。
もちろん寄せも上手い、そこも魅力的。


POでの途中見えなくなったティショットもフェアウェイに出てきた!優勝するときはこんなものだ。風も空気、地面の芝生たちでさえ味方してくれる。
藍ちゃんが優勝を逃したときよく言っていた「今日は私の日ではなかった。」うん、そうなんだ。自分が自分の日にするとき、それはやってくる。

マンシングウェアカップKSBでラウンド解説していた牧野裕プロ、今回もBSで解説されていた。落ち着く、妙にすべて揃っていた感があるな。でもそれも17hが終わってから気が付いたこと。

よく「持ってる。」と人のことを言うときがある。
持っている人は、生まれながらに持っているのだろうか?

真央ちゃんと遼君が被るときがある。若いときに才能を発揮して天才なんじゃないか?挫折知らずと思われる。大事にしていた心の中にあるものもズタズタにされ、へし折られ、心無い中傷もあっただろう。若くて多感なときに受けた衝撃は計り知れないと思う。

乗り越えた後には「やっぱり持ってるよね。」がやってくる。
遼君はまだ27歳、経験年齢は45歳くらい?とても濃い時間を送っているのだと思う。

久々に男子ゴルフガン見したけど、やっぱりコース設定は女子よりも難度が高く面白い。
ラフに入っても打ち抜く力があるからなんだな、
この記事いいな

2019 67169409_2477156075676858_79146160706384
 

| | コメント (0)

« 2016年12月 | トップページ