« 2014年6月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月31日 (日)

ガーの病院。

抜いてもらった腹水はまたすぐに溜まり、お腹はタプタプに・・・

・食欲はある

・羽根繕いや動作は健康時と変わらず

・嘴が熱い

・動きたくない様子

会員さんより、犬や猫でも治療で腹水を抜くことがあるので、近隣の動物病院に相談してみては?とのアドバイスがあり、問い合わせをしてみたのですが、やはりアヒル自体の扱いに慣れていないとトラブルの原因に成りかねないと判断し、水上先生のところへ

Img01174

どんよりモード かったるいんだよねガー

Img01175

超音波で検査 ※

Img01181

Img01183

Img01178

炎症があるのでドロドロと糸を引くような液体

Img01185

Img01187

大人しいねガー

Img01188

点滴(リンゲル、ビタミン入り)

Img01189

アヒルはベタベタと触られるのが大嫌い、家に戻るとゴシゴシと羽根繕いを念入りにした後、スズキと寄り添っていた

Img01192

かったるいのに触るなっっ 

タプタプに溜まった腹水を抜くことが、病気の改善になるわけではなくて抜いても溜まっていく。呼吸が楽になるように抜いている状況です。

だるくなり動きたくないのは肝臓のせいだと説明を受けました。

診察料 \1,000

皮下点滴 \2,000

腹水抜水 \5,000

腹水鏡検 \1,000

超音波断層検査 \0

強肝剤 \1,750(一週間分)

補助療法剤 \1,400(一週間分)

--------------------------

\13,122

※保護アヒルの治療費は、会費や募金を使用させていただいております※

| | コメント (0)

2014年8月27日 (水)

ガーの経過。

涼しい日が続き、ガーにも好都合です♪

お腹のタプタプは相変わらずですが、ウンチも普通の色になってきています。

昼間「ハァー、ハァー」とゆっくり呼吸するときもあり、様子がいつもと違うことが伝わる。苦しいのだと思う。ご飯はダッシュで飛び込んでくるくらい食欲はある。

ちくわや、バナナ、生の米と・・・いつもは少しづつおやつ代わりにあげていた物を多めにあげています。食べるとおかわりって顔でこちらを見る。

食べたいってことは生きたいってこと。

Img01151

夏の草で覆い茂った庭で過ごすガーshine

日陰を造る為に植えた木も大きくなっています

Img01154

Img01157

水浴び後のスズキは目がパンダ・・・

ガーは重たくなった体を支えて移動するため、大羽根が擦れている

Img01160

ゴクゴクっ

Img01166

プハッ

| | コメント (4)

2014年8月22日 (金)

お腹の腫れ(ガー)

1週間くらいまえから、ガーを抱っこするとお腹辺りに異変が・・・

風船が入っているように膨らみ張っている、ボヨンといった感じ。

体重計に上手く乗ってくれず、抱っこして私の体重を引いてみたが確実に重くなっていた。ただの肥満じゃない・・・。臓器が腫れているか、水が溜まっているか・・・

ガーを宮城県石巻から連れてきて3年、腫れていた足の甲もその後小さくなり、ビッコを引くこともなく歩けていた。今までのアヒルたちはすぐにお座りアヒルになっているところをガーは見事に復活shine

最近は、足裏の趾瘤症は相変わらずだったが、少し足の甲の腫れがぶり返していた。

ガーの保護時の診察(2011年)→

http://www.geocities.jp/yayo_pipi/ahikamogacho_057.htm

Img01121

久しぶりのケージと車で嘴は常にハッハッハッ状態(お水を飲むと一時止まりますが、これはアヒルが興奮しているときによくみられます)

Img01122

予約を入れておいたのでスムーズに診察へ

Img01124

左二枚が今の様子        右が3年前

白く固まって映っている影が悪さしている部分で、呼吸するスペースが少なくなっているので、水を抜けば呼吸が楽になるとのこと。

Img01125

診察台の上に、更に固定できる診察台を設置

Img01127

超音波検査

Img01129

リュウチ針(留置針)を刺し、体内の水を出すことに

Img01131

Img01132

針を刺す為に一部羽根を毟り取られたが、暴れずに放心状態のようなガー

エライよっsweat01

Img01135

結構太め

Img01136

出てきています

Img01137

Img01139

Img01141

肝炎なのかも・・・

肝臓の検査をしても悪いところを断定するだけ、腹水が溜まっているということはかなり病状が進んでいて、腫瘍や炎症があるから水が溜まるのだと説明を受ける。舌の色も薄いと診断され、貧血も気になるところ

まだ、抜いた水と同じくらい体には水が溜まっているが、これ以上水を抜くとショックを受ける恐れがあるので次回まで様子見となった。

Img01147

Img01148

足の甲は、針を刺して悪い血(膿み)を出そうとしてくださったのですが出てきません。

テーピングとパットで処置。

腹水を取り除けば良くなるという病気ではないことはわかる。状態が良くないことも・・・

食欲はあるので、ご飯を楽しみにしているガー。

shine

薬が2週間分処方されているので、また2週間後来ようね。

診察料 \1,000

腹水抜水 \5,000

足首穿刺 \3,000

X線検査 \3,500

超音波断層検査 \5,000

腹水鏡検査 \1,000

強肝剤 \3,500

補助療法剤 \2,800

計(税込) \30,564

***保護家鴨の動物病院での治療費用は、募金と会費より支出されています ***

| | コメント (6)

2014年8月 7日 (木)

ぷちアヒルさみっと(に、なるのでしょう)in熱海

Img01069

とある昼下がり・・・

「おぃ?!誰か来たぞ!!!」

Img01070

逃げろっ逃げろっっ

Img01072

また撮影か?!byチャイ

ahiraa2goさんを乗せcar向かうは熱海 

Img01099

熱海(海)からかなり上がった場所まで来ました・・・ここは函南(海~山へ)

あひるネットワークの掲示板へ投稿されているhttp://ahinet-keijib.la-love.jp/viewtopic.php?f=3&t=182&sid=1892541c31800e93d586edbbb053275b

会員のぴーすけしんさんのボス君に会いにやって来ましたhappy01

※強力な助っ人兼ナビとしてahiraa2goさん(その後方向音痴だったことが判明gawkナイショ)

たたずんでいるボス君、暑いのに水に入らず嘴は半開き状態coldsweats02ガシっとわしづかみにし水道場に水を溜めワシャワシャと水浴びを試みることに

しかしボス君はここに来てから8年間、抱っこはともかく人に触れられたことがないとか・・・?なのにガシっと捕まれて

Img01080 

グワグワッ「一体何なんだっ?!何するっっ?!グワッ」

そんな声が聞こえてきそうです

Img01082

※画像を撮るため、ahiraa2goさんと交代

Img01085

Img01086

Img01089

Img01090

体中を観察され、放心状態なボス君

Img01092

グワワーっ「全く失礼な奴らだっクワワッ」

Img01093 

「フンッ」

ふらつき、垂れ気味な羽根→体のバランスがとれていない様子、首が真っ直ぐ伸ばせずにうねっている、食道部分がゴリゴリとよく動く

足裏のタコ→趾瘤症(シリュウ症)にみられるタコのようなものなし

目、ダニ→目の周りは綺麗で、ダニのようなものは羽根の奥を観察しても見当たらず

※ぴーすけしんさんが、いろいろ悩みながらもお世話し続けていた成果が現れているのだと思います

お腹→小さな床擦れ有

体重→肥満気味

Img01109

 ボス君(8歳)   ルーシー(6歳)※足裏に趾瘤症のタコが2つ、ヨードを刷込み手当

Img01110

Img01111

コッコ(3歳)

Img01113

ご飯あげ中のぴーすけしんさん

新しく生え始める羽根がみられたので元気がなかったのは換羽中だったことも考えられます

私たちがいるときには、首を垂れるように座り込むことはなかったのですが、動画を見せていただいたところ、かなり苦しそうに前屈みになるボスthink

数点アドバイスをさせていただき「気持ちが明るくなりました」と仰ってくださいましたが、こんな様子を見ていたら誰でも心配になってしまうでしょう

Img01078_2

敷地内ではトマト(かなり有名な丹那高原トマト)と卵の販売がshineshine

Thank You!ahiraa2goさんgood

| | コメント (2)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年9月 »