« アヒルの動作と居場所スペース | トップページ | 2014年初雪・・・か(-д-`*) »

2013年11月21日 (木)

上様・・・頑張ったね。ahiraa2goさんありがとう・・・

湯河原の会員ahiraa2goさん宅、上様が亡くなったと・・・昨日のfacebookで報告がありました。

上様は2009年2月に上野公園で保護され、そのまま動物愛護センターへ送られ引き取り保護を待っていたアヒルさん。保護されているアヒルがいることを知ったのは、東京の会員さんが愛護センターの掲示板を観ていてくださっていたからでした。

3時間近くかけて息子さんと引き取りに向かったahiraa2goさん。まだ若アヒル君とみた私たちは1歳くらいだろうと判断していましたが、その後・・・上野公園で上様が確認されていた情報よりもう少し上の2歳~3歳とみていました。

http://www.geocities.jp/yayo_pipi/ahinet_034.htm

保護時より足裏には酷い趾瘤症があり、立つこともやっとだったのです。

http://www.geocities.jp/yayo_pipi/ahikamogacho_029.htm

ahiraa2goさんは、自分のバレエ経験を生かし「こんな工夫をしたら、痛さを和らげてあげられるのではないか・・・」といろいろ試され、記録を残されています。

http://www.geocities.jp/yayo_pipi/ahikamogacho_029.htm

“趾瘤症が固くなり、地面に足をつけない状態なので直接地面にふれないように魚の目保護パッドでタコの回りをぐるっと覆い、傷パワーパッドを付けインドメタシンクリームを塗り、テープでぐるっと巻きます”

アヒル飼いの治療、特に趾瘤症に関しては飼い主さんの知恵やアイディアによって多くの治療法が発案されてきました。体重の重たい北京ダックには足裏や関節のトラブルはその後のアヒル人生にも大きく関わってきます。

歩けなくなる、立てなくなることは床擦れという次へのトラブルが待っている・・・

200912

200912_2

2009年12月の上様、さんちゃんと仲良くペアとなっていました。

200912_3

“アヒル飼いになる”本でも、さんちゃん・徳ちゃんと共に元気な若アヒル姿を披露しております。

201002

2010年2月、ahiraa2goさんは「いいひのき枝はないか?」と枝切りハサミを持ち、車を走らせ、上様や徳ちゃんの敷き床用にと伐採に励んでおりました。(エライよ)

201002_2

↑2010年2月のツーショットです。

201203

2012年3月のツーショット↑すっかりお座りアヒル君に・・・いつも青々とした新しいひのき枝が敷かれていました。

201203_2

2012年3月の上様、テーピングで脚を固定させています。足裏が直接地面に触れることがないので、傷みを和らげる他ばい菌も防げます。

201304

2013年4月 ahiraa2goさん幹事神奈川県アヒルさみっと時の上様。さんちゃんも徳ちゃんもいなくなった庭でチャイたちコールダックを見守る毎日でした。

「最期は眠るようにゆっくりでした。

今はやることがなくなって茫然自失状態です。」

お座りアヒルのお世話は、本当に時間の取られる日々です。出掛けることもままならず、出掛ければ夕方まで帰らなくては!!!と、時間にも追われがちに・・・。ご飯や小屋の掃除、敷き床や水浴び・・・やることが山ほどあるからです。

日を浴びたアヒルは、本当にいい匂いがします。

自由に歩けないアヒルたちにはお日様が大事なのです。

ahiraa2goさんのfacebookで「良い天気」「青空」との天候の記事が多いのはそのせいですね・・・。

今年初めにさんちゃんが天国へ逝ってしまった翌日、私はahiraa2goさんの落胆した姿を見て、大変だったねありがとう・・・と言うのが精一杯でした。きっと、さんちゃんも感謝しているよと・・・。そして今、上様もさんちゃんの元へ逝ってしまった。

さんちゃん、上様、徳ちゃん・・・

アヒルの寿命は短い。

長生きできない子たち。

完治できないトラブルを持ったアヒルでも、少しでも傷みを和らげ、安全で清潔に過ごさせてあげたい。

そして・・・

最期の看取り役になるとの覚悟も要るのです。大きな喪失感も多く経験します。

ahiraa2goさん、感謝です。

|

« アヒルの動作と居場所スペース | トップページ | 2014年初雪・・・か(-д-`*) »

コメント

アップしてくださってありがとうございます。
すっかり気が抜けてあっという間に風邪を引き^^;
いかに気を張っていたかがわかります。
自分が元気じゃないとお世話どころじゃないからね
 
うえの君とは2回、言葉をかわしました。
一度目は、外敵が入ってくる場所を教えてくれて
二度目は「もう充分だよ」って言葉が
頭の中に届きました。

最後まで人慣れせず、共存生活のようでした。
そんなうえの君だから、ベタベタできるお世話は
結構楽しかったんですよ

さんちゃんが先に逝って
もうすぐ一年、きっと待ちどうしかった事でしょう。

投稿: ahiraa2go | 2013年11月22日 (金) 23時03分

>自分が元気じゃないとお世話どころじゃないからね

確かにthink風邪引いててしんどくてもアヒルたちはご飯食べるし・・・。
毎日のお世話はエンドレス。
まぁ私なんぞ、アヒルがいなかったら庭にも出ないだろうし。
綺麗な夕焼けや青空なんて眺める時間なんてもたなかっただろうなぁと思うと、
寒くても暑くても外に出て天候を感じる(季節を感じる)という機会を与えてくれているアヒルたちかな。

>最後まで人慣れせず、共存生活のようでした。

保護アヒルはみーんなそうだよねcoldsweats01
でも「この人面倒見てくれているなぁ~
ご飯いつもくれるなぁ~」と感じてくれてはいる様子だけど・・・。

上野公園のうえの君。
いいネーミングでした。永久不滅です!
さんちゃんと徳ちゃんとピピ君と空の上で仲良くねconfident

投稿: yayo | 2013年11月24日 (日) 01時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アヒルの動作と居場所スペース | トップページ | 2014年初雪・・・か(-д-`*) »