« 初の水浴び。 | トップページ | 迷い鳩。 »

2011年10月10日 (月)

足の腫れその後~ガー~

石巻からやって来て2週間、ガー君からよく「くわぁ~くわぁ~」と呼ばれます。
ガーの気持ち→「おぉ~い?誰かいるの?」(多分coldsweats01

こんな風に大人しくしてくれているときもあるのですが、
隙を見てダッシュしようと企んでいるようです。

Dsc02509

足の腫れ具合は保護時と変わりないのですが、
しっかりと2本の足で立ってています。
顔をカキカキするときに片足立ちになるのですが、そのときフラつくくらい・・・

Dsc02507

腫れている部分のプニプニ感がどうも・・・針か何かプチって刺すと悪い膿みが一気に出てくるように思えてしまいます。

診察は2週間後でよいとのことでしたので、水上先生に後2週間分の消炎鎮痛剤と抗生物質を送付していただきました。

お薬飲むの、上手くなったよねガー happy01

ガーのご機嫌水浴び映像↓

http://www.youtube.com/user/yayo0318?feature=mhee#p/a/u/0/1HuAW09nrrw

バイトリル50 \4,410

メタカム15ml \4,725    計\9,135

診察費用と薬代は、あひるネットワークの募金と会費より支出されています

|

« 初の水浴び。 | トップページ | 迷い鳩。 »

コメント

初めまして、捨てアヒルを保護して現在飼育しているのですが、保護当時(まだ3日目ですが)から写真のアヒルのように脚が腫れて歩けない状態でした。鳥を診てくれる動物病院が無く、ネット検索して当記事に辿り付き抗菌剤のバイトリル50を海外から注文しました。そこで質問なのですが、バイトリルの容量はどれくらい飲ませていらっしゃいましたでしょうか?犬猫の用法容量は良く記事等を見掛けますが、鳥類についての記事は見つけられません。宜しくお願いします。
ちなみにアヒルの体重は1kgもないと思います。

投稿: あひる | 2015年12月27日 (日) 16時38分

はじめましてあひるネットワークの代表理事の西田弥生と申します。

このブログもかなり前から始めていますので、一旦あひるさんが投稿された内容を私が承認してここに表示されるシステムになっています。
返信が遅くなり申し訳ないです(。-_-。)

この石巻のガーちゃんの記事も古いのでどこだろうと探し、処方箋の領収証など確認していました。
かなり前のことなので薬の入っている袋はみつかりませんでした。
領収証には2週間分で14錠となっているので、1日14錠は与えていたと思います。
半分に割れる錠剤だったので朝と晩に分けてあげていた記憶があります。

ガーちゃんはもう亡くなってしまいましたが、このバイトリルは抗生剤としてよくアヒルへ処方されています。

野外のアヒルを保護されているようですね。1キロもないとのこと。
どのような容姿でしょうか?

今は情報の交換もfacebook等のSNSが主流となってきていますが、あひるネットワークの掲示板もまだやり取りできる場としてありますのでご利用ください。

掲示板⇒http://ahinet-keijib.la-love.jp/index.php

もしよろしければfacebookでも受け付けております♪

あひるネットワークfacebook
https://www.facebook.com/ahiru.network

私のfacebook
Yayoi Nishida

━━━━━━━━━━━━━━⊿・)∈
http://www.geocities.jp/yayo_pipi/pipi_029.htm


あひるネットワーク代表 西田弥生yayo
http://www.geocities.jp/yayo_pipi/
http://www.geocities.jp/ahiru_net/
☆☆★━━━━━━━━━━━━━━

投稿: yayo | 2015年12月27日 (日) 19時58分

西田様
お返事有難う御座います。
アヒルの種類ですが、恐らくコールダックと思います。(手のひらサイズなので)

顔の感じから未だ若い個体と思いますが、栄養が摂れていないのか、羽艶も悪いですし嘴も何か白っぽいです。脚の付け根付近が腫れていて歩けないので連れて帰って来ました。

現状では、抗生剤入り軟膏を塗布してガーゼを当て、医療用防水テープで水かき全体を保護していますが、腫れが引かない?感じです。

取り敢えず、抗菌剤(バイトリル50mg錠)を注文しており、錠剤なので磨り潰し機能の付いた錠剤カッターと1mlのツベルクリン用のシリンジ、水薬を作る為のビニールパケを準備しています。

下記サイトのウサギの薬の飲ませ方を参考に直接ソノウヘ投薬してみます。
http://www.miwaah.com/medicine.html

投薬量は体重も軽いので、初日は1/2錠、腫れが引いて来たら1/4錠というふうに試してみます。

助かりました、有難う御座います。

投稿: | 2015年12月27日 (日) 23時35分

あひるさんこんにちは。

コメント拝見致しました。
コールダックらしき手のひらサイズのアヒルで、体重が1㌔ほどなら1/4で大丈夫です。
錠剤なので割ると粉々になりますので、思い切って粉状にすると与えやすいかもです。

参考までアヒルに錠剤を飲ませている画像
※↓もう思い切って開いて舌の奥に入れちゃいます※
(このページの中断にグルコサミンを飲ませている画像がありますので一度ご覧ください)
http://www.geocities.jp/yayo_pipi/pipi_018.htm

脚の付け根が腫れているとのこと。
コールダックや北京ダックよりも小柄なアイガモは比較的脚のトラブルは少ないです。
もしかすると骨折をしているかもしれません。
私が今まで見てきた家鴨たちの脚のトラブルで多いのは、足裏、関節などです。

今現在、コールダックと北京を掛け合わせた種が売られているという情報もあり、
もしかするとミックスという交雑種かもしれませんね。
柄があり、ものすごく小柄だという容姿なら野鳥のマガモ、カルガモということも考えられます。
最初は悪い菌をやっつける為に抗生剤は必要なのですが、ある程度様子を見た後はサプリ(これもまた犬や猫用となりますが)に切り替えた方が良いと思います。

参考まで
<コールダック>
http://www.geocities.jp/yayo_pipi/ahikamogacho_041.htm
<アヒル?野鳥?>
http://www.geocities.jp/yayo_pipi/ahikamogacho_035.htm
<カルガモ保護・・・>
http://www.geocities.jp/yayo_pipi/ahikamogacho_058.htm

投稿: yayo | 2015年12月28日 (月) 14時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初の水浴び。 | トップページ | 迷い鳩。 »