« 独りぼっちになった真理、旅立ったちぃ。 | トップページ | スズキがやってきた② »

2010年10月29日 (金)

1羽の真理。スズキがやってきた①

数日の間でたったの1羽となってしまった真理ちゃんは、いつもキョロキョロとしていた

3羽中、お世話重度の大きさは、
琢磨>ちぃ>真理 

真理ちゃんの1日は、ご飯を食べ、庭で過ごし、またご飯を食べては小屋にトコトコ入り一日を終えていた

他の2羽がお世話されている姿をジィーと見てはその様子を伺っているようだった
人間の兄弟に例えたら、真理ちゃんは手の掛からない長女、病弱な弟や妹を親が面倒をみている為に自分のことは自分でやるのよ!そんな感じ。

真理のみ健康体だったこともある

1羽になった真理ちゃんは、突然大きな声を出し私がいることを確かめようとしていた。
その姿は、「私ずっと我慢していたのよ!私のことも見てよ!」そんな感じだった。

「ガァガァ」と呼ぶので側に寄り抱っこすれば、嫌がってガブリと私の腕を噛んでいた

「私寂しかったのよっ!」

琢磨もちぃも真理も野外で保護をしたアヒル、どのように飼われていたのかわからない。
だけれども琢磨は抱っこが好きだった。
ちぃと真理は抱っこをして自由を束縛されることを嫌がる抱っこ馴れしていないアヒル。

真理ちゃんは、ぴぴと同じように大きな声を出し叫び私を呼びつけるようになっていた
仕方ない。1羽アヒルの我が儘だ・・・。

確かに3羽で寄り添っていたのに、短期間で1羽になってしまったのだから
何かがおかしい・・・?と感じているのかもしれない。

真理ちゃんは、私に
「こんにちは、こんにちは」とメスがオスに向かってよくする
おねだりのポーズを取るようになった。

私に甘えたいのに

人間に甘え馴れしてない真理ちゃん。

涙が出そうになった
真理は1羽になったことを受け止めている。

真理は頭がいい。

本日、埼玉県から保護アヒルの“スズキ”がやってきた
メスアヒルで保護者の情報では、推定5~6歳のやや年寄りアヒル
http://www17.big.or.jp/~hatsu/ahiru_net/topics/topics.cgi

スズキを迎えることは、ずっと前からの約束だった。

小さなアヒル、スズキ。

“スズキ・メロン”
      ↑名字しかなかったので、名前。(ぐあさん命名)

真理ちゃんとスズキ。

ゆっくり・・・
一緒にね

Dsc01927

Dsc01933

|

« 独りぼっちになった真理、旅立ったちぃ。 | トップページ | スズキがやってきた② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 独りぼっちになった真理、旅立ったちぃ。 | トップページ | スズキがやってきた② »