« お正月。 | トップページ | “アヒル飼いになる”アヒル本の発売 »

2010年1月28日 (木)

石神井公園訪問~記念庭園アヒル君~

1/24 石神井公園へ行って来ました。

※報告※あひかもがちょ情報局

恵まれた環境だったと思います。
石神井公園記念庭園のアヒルと検索すると多くの方が
撮影していたアヒル君に会えます。

がぁも研究員さんもアヒル君のページを再作成してくださっています

http://chumuri-and-gaxamo.air-nifty.com/chumuri/2010/01/20090502-34b6.html

生きていく為の『安全』という部分だけが
ポッカリと抜けていました。

人間の生活をしていく基礎が『衣食住』なら、
アヒルは『安食住』となるのでしょう。

アヒル自身で安全を守ることはできません。

Photo

Photo_2 Photo_3

Photo_4Photo_5

1/5から現れたというコクチョウ(黒鳥)

がぁも研究員さんに伝えなきゃ♪と画像を撮り捲くる

コクチョウはオーストラリアに生息する水鳥だということで、日本まで渡ってやってきたのかなぁ・・・
鳥インフルエンザ等で騒がれないかなぁ・・・

と眺めていましたが、

渡りはしないそうです。
(一安心)

年末に栃木県真岡市五行川に2羽のコクチョウが飛来したとのニュースがありましたので、この場所にいたコクチョウが飛んできたのかもしれないですね。

嘴に特徴があります。

会員SNS⇒http://ahirunetwork.sns.fc2.com

会員HP⇒http://www17.big.or.jp/~hatsu/ahiru_net/member/

|

« お正月。 | トップページ | “アヒル飼いになる”アヒル本の発売 »

コメント

Yayoさま、こんにちは
アヒル君のこと、本当に残念です。
Yayoさまが掲示板で呼びかけてくださり、応えてくださる方々、みなさんなんて心温かな方が多いのでしょうと思い、わたしも一度会ったことのあるアヒル君ですので、なにかできないかな?って思っていた矢先の悲しい知らせでした。

>生きていく為の『安全』という部分だけが
>ポッカリと抜けていました

心にしみます。 去年行ったときに周囲の状況もお知らせしておけば、こんなことにはならなかったのかもしれない、と思うと悔いが残ります。

コクチョウさんのことお知らせくださってありがとうございます。 赤いくちばしに白い一本線、ちょうど進入禁止の標識みたいですよね(^-^) つばさにはフリルがあって、ちょっとドレスアップしている感じです。
タマゴや、ちいさな時の姿や色は、ハクチョウとそっくりなので、とっても不思議です。

コクチョウといえば、おととし水戸の千波湖というところで、中学生によるやはり悲しい事件がありました。
あひるさんたち、コクチョウ、ハクチョウからしてみれば巨大なチカラをもった人間に面白半分であつかわれてしまったら、たまったものではありませんよね。
きっと石神井のアヒル君には、大事にしてくれる人たちがたくさんいたのだと思います。 でも、ほんのわずかな人たちが台無しにしてしまったんでしょうね。

あひるさんたちが幸せに暮らせるようYayoさんの活動を応援しています。
長文になってしまいすみませんでした。

投稿: がぁも研究員 >")m- | 2010年1月29日 (金) 01時07分

がぁも研究員様

こんばんは
こちらのブログはなかなか更新ができないままなのですが、
すぐに発見していただき嬉しく思います。

がぁもさんが撮ってくださったアヒル君の画像を眺めていると、
誰かを待っているような、
連れて行ってくれるのを待っているような・・・
そんな目をしています。

>赤いくちばしに白い一本線、
>ちょうど進入禁止の標識みたいですよね(^-^)

そうなんですよ
嘴に凄い特徴がありました。
多くのカメラマンとギャラリーがいましたよ~
三宝池の方にも同じような人だかりがあり、
「今度は何がいるんだろう?」と近寄ってみると
水鳥らしきものが見当たらず
人だかりが見ている先を確認すると
どうも?カワセミ(青い鳥)が池の中の木に留まっているようでした。
素敵な公園ですよね。

投稿: yayo | 2010年1月30日 (土) 03時34分

yayoさん、おひさしぶりです。お元気ですか。

実は先週、茶煮頓ことアヒルのボーイがアヒルの世界に帰って行きました。引き取った当初はyayoさん始め、アヒルの先輩方にたくさんアドバイスをいただき、本当にありがとうございました。

yayoさんもどうぞご自愛ください。世界中から捨てアヒルがいなくなることを心から祈っています。

投稿: ももごろう | 2010年3月 5日 (金) 00時45分

ももごろうさん

茶煮に会いにいってきました。

ももごろうさんの画像と
あの頃の茶煮のことは、何もかも
鮮明に覚えています。

茶煮がどんどん男前になっていくのが
楽しみでした。
茶煮幸せだっただろうなぁ・・・

投稿: yayo | 2010年3月 6日 (土) 00時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お正月。 | トップページ | “アヒル飼いになる”アヒル本の発売 »