« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月31日 (月)

元気の無い真理。

日中は、柵に囲まれた裏庭に居る琢磨と真理ちゃん

琢磨は低い木に隠れるように座ってのお昼寝が定番。真理ちゃんは一箇所に留まらず、嘴で土をほじったり常に落ち着きが無くキョロキョロとしています

一段高い隣の敷地へジャンプし飛び乗る真理ちゃんは、ぴぴには見られなかった身軽るな様子が見受けられます。そんな真理ちゃんが昨日はぐったりとしていました

私が帰宅しその様子に気づいた時、琢磨は元気が無く立てなくなった真理ちゃんの上に乗り首の後ろを突付いていたのです

暖かくなった最近では、水場に入ると交尾を行う様子が見られていました。しかし、水の中とはいえ琢磨は脚が不自由なので上手くその行為ができているかわかりません・・・っが、毎日琢磨は励んでいました。水場だけでそのような光景を確認していたので、どうして地面の上で琢磨が突付いているのかわかりませんでした

しかし、私の留守中に何かがあったのでしょう 真理ちゃんは声も出ないほど衰弱していました。抱っこした真理ちゃんの脚と羽根にツル草が巻き付いていて苦しかったのかもしれません

「真理ちゃんご飯食べる?」抱っこされた真理は、いつもの真理とは違い首をしなだれている

Photo 真理を少しでも地面に座らせると、琢磨が乗ろうとする。どうしてだろう?

急遽段ボールのベットを作り、家の中で様子を見る事にした。ご飯は食べようとしないが、水は飲めるようだ

脚を後にダラリと伸ばし、全く立てず体にも力が入らない様子

ペットボトルにお湯を入れ、両脇に置き温めてあげる。真理はいつもの「ゴゴゴ」という声はともかく、何も声を発しなかった

以前、岡崎氏より細菌を殺菌する薬【クラリスロマイシン】http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se61/se6149003.htmlを譲り受けていたので1錠嘴を開き、飲ませた

夜の11時近くになり、段ボールに入って4時間経とうとした頃、始めてウンチをした。そして、片足を曲げて座っていた。その後大羽根を使い立ち上がろうする真理

少し良くなったのかな?

琢磨は、外の小屋でずっと叫んでいた「くわぁ~くわぁ~」真理を呼んでいるのだろう

もう一度ペットボトルを温め直し、敷き床を綺麗に替え、そこにまた座らせると真理は2本の脚で立ってこっちを見ていた

「真理?いつものゴゴゴは、どうした?」真理は、黒く澄んだ目で見ている。さっきの目とは違う。外の電気を消すと、琢磨も諦めたかのように鳴き止んだ。真理の居場所の電気を消す

暫くしてそっと様子を見に行くと、真理は座って体を埋め寝ていた。 ・・・・大丈夫だ

翌朝、段ボールから出たくて待ちきれない真理は、首を伸ばし今にも羽ばたきそうに待っていた

庭に出すと竜のヒゲを嘴で引っ張り、ムシャムシャ食べ始めている。zoofoodも普段どおりの食べっぷり

昨日のように琢磨が真理に乗ろうとしたら、日中は琢磨のみ裏庭で真理ちゃんは小屋の中で過ごさせてあげようと考えていた。琢磨を小屋から出すと、昨日あれだけ攻撃的だった琢磨はいつもの琢磨に戻っている

2羽は再開の喜びなのか?興奮して庭中を駆けずり回り、道路に飛び出しそうな勢いでダッシュし始めた

いつもどおりだ・・・

331 331_2

畑を猛スピードで走り回る(静止画が撮れません)

331_3 すっかり元気になった真理ちゃん

しかし昨日のあの琢磨の攻撃は何だったのだろう?弱った真理を追い回し攻撃していた

でも今日は全くそんな素振りは無い

以前から野外のアヒルたちによく見られる、脚の悪くなったアヒルを他のアヒルが攻撃し、苛める行為

琢磨も保護時は、首の後が剥げていたので雄アヒルなのだけれども攻撃を受けていたのがわかった

私は、昨日の琢磨の状態を見てある事に気が付いた

真理は弱って立てなくなり、体を平らにするほどダラリとしていた。その姿勢が琢磨には、雌特有の求愛のポーズに見えていたのではないか?と思った

弱っているから攻撃をするのでは無く、服従させようとしているわけでも無く。その姿勢、ポーズがアヒルには交尾の姿勢に見えてしまうのでは・・・?

雌アヒルは交尾時に背中を固く水平にし、雄アヒルが上に乗りやすいような姿勢を取る

昨日の琢磨は執拗に真理を追いかけ、真理に乗ろうとしていた。今日の琢磨にはそんな素振りは全く無い

野外の弱ったアヒルの雌アヒルでも雄アヒルでも、首の後を突っつかれ、交尾をしつこく受けてしまうのは端から見れば苛めに見えるのだが、このポーズにも深い関係があるように思えた

元気になった真理ちゃんは、畑をほじくり回し、嘴を真っ黒にして飛び跳ねている

同じアヒルなのか・・・・?と疑問に思ってしまうほどだけど、安心したよ真理ちゃん (´- `)

| | コメント (2)

2008年3月 8日 (土)

アヒルの涙

アヒルが目から流す、涙のように見えるアヒル油 

ぴぴちゃんが死んでしまう時、目から何度も溢れていた

気持ちが通じた時の何かのサインなのか?それとも体から発する危険信号なのか?涙のように「ポロリ」と目から落ちる

掲示板へ投稿されていた件について、ネットで検索しているとアヒルの涙というタイトルのブログを発見した

http://people.k-cultureclub.com/?eid=350902

かなり前の時代の出来事を書き綴っている内容ですが、嘴を怪我した、ミミズを食べたなど

アヒルを飼っている私には、その様子が浮かんでくるほどです

このチュチュが最後に目からぽとりぽとりと流した物は、この小学3年生だった男の子に何か伝えたかったのかもしれない

| | コメント (5)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »