« ダムで保護 ポッポ(兵庫県) | トップページ | 静岡県、海にいたアヒル① »

2007年7月30日 (月)

ポッポのその後。

「思ったよりも足の腐りが酷く、鶏のもも肉でいうところの、太いもものところを残して足を切断。将来義足を取り付けできるように骨を切断した」ポッポの手術は無事終わり、7/23には岡崎宅へ戻ってきているとの報告を受けました
麻酔から覚め、1時間足らずで片足でバランスをとり歩きはじめたというポッポ。その後、獣医師さんが与えたドッグフードを食べたという
術後の経過は順調のようです
ポッポの居たダムの管理人さんに手術の経過を伝えに行くと・・・今まで一緒にダムで暮らしていたツガイの青首が、ずっとポッポの姿を探している様子が気になったらしく
岡崎さん・・・ポッポが元気になったら、その青首君を再保護(捕獲)する計画を立てているようです
「また一緒にいさせてあげたい」岡崎さんのアヒルを想う気持ちには・・・いつもいつも頭が下がります
===============================================================================
本日の関東地方の天気は、短時間でかなりの雨量が降った大雨。
会社に居て、ふっと・・・小屋の中にいる琢磨が気になる
「小屋に雨が吹き込んでないかな・・・」帰ってみると、先日シートや簾を全取っ替えしていたせいか、雨の水は小屋に入っておらず、琢磨は牧草を敷いた小屋の中にいた
「くわぁぁぁくわぁ」 ('ー') 挨拶だぁ~
天気予報では時々強い雨が降るとの予想だったので、小屋にシートをかけていたのだ。よかった
雨上がりの庭で琢磨はお散歩。
段差は苦手だね・・すぐお座りしてしまう
畑になっているトマトを一個もぎ取り、手でちぎってあげると琢磨は「くわゎゎぁ」と食べ始めた
20070730_1
←いつ撮っても可愛い顔ですましている琢磨。
涼しげな顔しちゃって~~~
こんな大人しくて、人間に慣れている琢磨を
何故捨てたのだろう・・・?
今でもたまにそんな事を考える
琢磨に悪いところは一個もないよ。

|

« ダムで保護 ポッポ(兵庫県) | トップページ | 静岡県、海にいたアヒル① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ダムで保護 ポッポ(兵庫県) | トップページ | 静岡県、海にいたアヒル① »