« 琢磨の手術を考えて | トップページ | ヤンチャを発揮しまくる琢磨 »

2006年12月31日 (日)

アヒルご飯のお試し~あひかもがちょご飯プロジェクトより~

今年6月にあひるネットワークで“あひネットであひかもがちょ達の体によい食べ物「脚の悪い家鴨にこれが効くようだ」「食事について病院でこんな事教えて貰った」など情報を集め、どの家鴨さんも長生きできるように会員の中で委員会を作り『体に良いご飯』を探していこう!”と立ち上げた企画『あひかもがちょご飯プロジェクト』

この企画に携わっている春風さんより、先週お試しご飯セットが届きました

Dscf0024_2 春風さんからはこんなメッセージが↓

『栄養計算のシステムを作っているうちに、「せっかく作っても主食の栄養成分が不明では意味がない」という気持ちが再び湧いてきました。
ペレダックRは良く食べるし保存料等無添加だそうですが、
サンちゃんの羽の艶は相変わらず悪いし…
(餌以外が原因の可能性もありますが)』

サンちゃんの主治医の獣医師さんより「海外のペレットなら小鳥用でも良い(配合飼料よりまし)」と仰っていたのと思い出し小鳥用のペレットを試しに購入し、フルーツの匂いがしないもの・卵等の発情を促すものが入っていないものを選び送付してくださいました (^-^)

画像の上から順に ペレダックR http://www.kikusui-jp.com/food/food_ahi.html
ラウディブッシュ(メンテナンス)配合飼料に似た形状のもの
ズプリーム(ナチュラル)黄色で粒が小さい
マズーリ(インコ用)粉状 ・ミキサーにかけている ホットペレット(唐辛子入りおやつ用に少量) ビール酵母(蛋白の少ないご飯時に少量かける)

琢磨は、すべてガツガツといつもどおりすべて完食していましたが(^-^;ぴぴは配合飼料に似たラウディブッシュが苦手だったようで残していました。すべて水に混ぜて与えているのですが、ラウの場合バーディに似ていて水が濁りますね。ホットペレットは食欲が増す傾向があるとの事

アヒルに何を与えれば長生きできるのか?庭先で鳥たちを飼い、卵を産ませて鶏の糞を取り、畑にまき畑で取れた野菜を食べ、野菜くず、米くず(米ヌカ)で鶏の餌にして、それから最後にありがたく肉をいただくサイクルがあった。鶏だけでなくアヒルも同じく野菜くずや精米後の米ヌカを食べ過ごしていたのだ。

群れを作り移動し、季節がくると交尾をし雛を孵す。この鴨の生活サークルを受け継いでいるペットの家鴨達は、一年中飼い主に可愛がられ、ご飯も豊富で暖かい場所に居られる。一年中発情できる状態でいられる事も体調不良に繋がっていくようです

家鴨飼いの誰もが、バランスの良い食事を与えようと考えています。しかし、家鴨はペットとしての研究が遅れている為にペットの家鴨にバランスの良い食事となると、まだまだ未知の部分が多いのです。これからも多くの物を試し、進めていきたいと思います

Dscf0029_2

寄り添っては喧嘩しちゃう

僕達

私たちですが・・・・

Dscf0036_1
2007年もよろしくお願い致します

寂しがり屋の琢磨・・・・アヒル嫌いなぴぴ・・・・(;´Д`A ハァ・・  

|

« 琢磨の手術を考えて | トップページ | ヤンチャを発揮しまくる琢磨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/10291/4744350

この記事へのトラックバック一覧です: アヒルご飯のお試し~あひかもがちょご飯プロジェクトより~:

« 琢磨の手術を考えて | トップページ | ヤンチャを発揮しまくる琢磨 »