« 小型な家鴨 | トップページ | 家鴨~野口雨情さんの詩~ »

2006年9月10日 (日)

家畜な家鴨達~タイ~

あひるネットワークの会員の方で“地球のこどもを応援する会”を発足されている方がいられます。タイ・チパレに毎年足を運び、寮に住み学校に通う子供達を支援しているのです

寮の周りには動物が沢山いるようですが・・・・シナガチョウ サカツラガン ウコッケイ 牛 バリケン・・・家畜として飼育されている動物がほとんどです。バリケンは「私達が訪問する度に晩ご飯へ」と発行されている冊子の説明書きに記載されています

バリケンはフランス鴨、muscovyduckと呼ばれていますhttp://www.geocities.jp/yayo_pipi/pipi_020.htmそんなタイのバリケン達のご飯は・・・?配合飼料やペレダック、水禽フードなどありません

残飯と精米後の米ヌカが家鴨達のご飯のようです。小柄だけど足の悪い家鴨は1羽もいないとの事・・・やはりペットの家鴨は栄養過多なのかな?と感じます

さてさて、我が家のぴぴ姫ですがゞ野菜+米ぬかご飯から遠ざかり・・・ 米ヌカ+水禽フード+プチトマトっと・・・ベチョベチョした野菜を食べなくなりました。水禽フードは以前もブログにカキカキしましたが、匂いが鯉の餌なんだよね~亀の餌っぽい匂いとも感じれらる・・・しかしアヒルのハートをがっちり掴んだ旨いフードなんだろうなぁ

本当見た目まずそうよ?Dscf0024_1

しっかし今日も暑かった!!!!

ぴぴちゃんの水浴びも気合が入ります!Dscf0032

足の悪いぴぴちゃんは足の代わりに大羽根を使って移動しています。大羽根が擦れて無くなっている部分もあるのですが・・・換羽の時期を迎えているようです。大羽根がボロボロと抜け始めました

|

« 小型な家鴨 | トップページ | 家鴨~野口雨情さんの詩~ »

コメント

こんばんは♪
家のアヒルのミケちんも片足が不自由というかありません・・・
夜中に野生動物に片足を持っていかれてしまいました(T^T)
でも今はとても元気に過ごしています♪
ぴぴちゃんと一緒で、尻尾や大羽根が擦れてなくなっていますが
毎日プールで泳いでいます。
ちなみに、家のミケちんはどうももう換羽が終わったようで
羽の抜けがほとんど今はありません。

投稿: かあちゃん | 2006年9月10日 (日) 20時49分

yayoさんとこのも、ウチのZOO FOODも水鳥にとってはやめられない美味しさのようです。
今ではカイだけでなく最初中々食べてくれなかったぺーちゃんまでドジョウ並みの催促の仕方です。

投稿: peepapa | 2006年9月10日 (日) 21時45分

はじめましてかあちゃんさん(^-^)

そうですか・・・
外敵に噛まれて足が無いのですね
しかし・・・アヒルは強いです
大羽根の付け根部分はタコのように固くなってしまっていますが
大羽根を使い脚代わりにし、嘴も使い移動しています
一緒に頑張りましょうね

papaさんっ
一回の量はどの位ですか?
ぴぴは200カップ2/3位を
一日2回です
全部食べますね(^-^;

投稿: yayo | 2006年9月11日 (月) 19時19分

カイは1日20~60gぐらいです。
煮干しや玄米をあげる日は少なめにしています。
その他、野菜タップリ(350~400g位)。

ぺーの方は60~100g。
ぺーは野菜や果物、煮干しなどあんまり食べてくれないので・・・。

2羽とも朝と夕方2回に分けてます。

投稿: peepapa | 2006年9月11日 (月) 21時00分

あはは カイカイは若いだけあって
何でも食べたいようですね
カイカイのブログでも
庭の植物をハグハグしている画像がありました(^-^ーウケた

ぴぴもカイカイ位の時は
庭の周りの畑に脱走し、ブロッコリーの葉っぱとかガリガリやってたなぁ・・・
何でも口にする赤ちゃんのようでしたゞ

投稿: yayo | 2006年9月12日 (火) 19時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/10291/3389394

この記事へのトラックバック一覧です: 家畜な家鴨達~タイ~:

» どじょうの飼い方 [どじょうの飼い方]
ほとんどの方は、「どじょう」と聞けばその姿を想像出来ると思います。それほどまでに「どじょう」は日本人になじみ深い動物なのです。 古来より食用として用いられてきた「どじょう」ですが、最近では自宅で飼育する人も増えてきました。 残念ながら「は虫類」のエサ用である場合が多いようですが、上手く行けば8年生きると言われており、観賞魚として飼っても楽しめます。 そんなどじょうの飼い方について簡単に紹介していきます。 ... [続きを読む]

受信: 2006年10月26日 (木) 14時01分

« 小型な家鴨 | トップページ | 家鴨~野口雨情さんの詩~ »